特別支援学校(知的障害)と異なり、特別支援学校(肢体不自由)には学習指導要領に「職業」が設定されていません。しかし、職業に関する必要な内容を各教科・科目の中で取り扱ったり、「学校設定教科」に関する科目として「産業社会と人間」などを設け、指導を行っていくことができます。特に、現場実習など「就業体験」は生徒自身が学校生活から社会生活への移行を図る上で重要な実質的な体験的学習の機会となります。これらは、生徒が自己の職業適性や将来設計について考える機会となり、主体的な職業選択の力や職業意識を培う機会となります。「就業体験」プログラムの開発・実施に当たっては、企業等と十分な意見交換等を行い、目的を共通に認識することが重要であり、企業等がプログラムを用意して行うことなども考えられます。これらは、生徒が在学中に行う社会参加に関するインターンシップと呼ぶことができます。