1 聴覚障害のある子どもについて

 聴覚障害とは、聴覚機能の永続的低下を総称したことばです。聴覚障害の発生した時期やきこえの程度、あるいは医療や教育における対応により、状態像も様々ですが、言語発達やコミュニケーション、社会性や情緒などの知的・精神的な発達の面に種々の課題が生じる可能性があります。
→ より詳細な情報はこちら > http://www.nise.go.jp/cms/13,872,44,171.html

2 聴覚障害のある子どもへの配慮

(1)情報を伝えるために
聴覚障害は、音や音声が聞きにくい障害であるため、ことば(音声言語)のコミュニケーションが円滑に進みにくいことがあります。災害時には、避難指示や災害の状況を的確に伝えることが重要ですが、そのため、繰り返し話す、ややゆっくりと話すといったことだけでなく、筆談を用いる、手話等の視覚的方法を用いるなど多様なコミュニケーション方法を用いることが大切です。
 特に、コミュニケーションをする際には、子どもからみて逆光にならないように光線に留意したり、顔や口元を子どもに見やすくしたりすることが大切です。

(2)補聴器・人工内耳について
 きこえにくさを補う機器として、補聴器や人工内耳がありますが、どちらもきこえにくさを完全に補うものではありません。これらの機器は専門家による調整が必要です。また、調整された補聴器や人工内耳を装用しても、騒音下では聞き取りが悪くなりますので、できるだけ静かな環境を確保することが必要です。避難所など大勢の人たちが集まる場所では、子どもに情報が伝わっているかどうかを確かめ、十分に聞き取れていない場合には、個別に説明するなどすることも必要です。
 また、補聴器や人工内耳は電子機器のため、強い衝撃、水や湿気などが、故障の原因になります。さらに、電池の容量が少なくなるにつれ、きこえ(反応)が悪くなってしまいますので、常に予備の電池を携帯しておくことも、災害時への対応となります。

(3)情報保障について
 聴覚障害のある人に対する情報保障として、手話通訳や筆記通訳、FM補聴器やループなど聴覚機器の活用などがありますが、何より大切なのは伝える内容が簡潔明瞭であること、つまり『わかりやすい』ということです。子どもの年齢やことばの理解力を考慮して、提示する情報(絵や写真、文、実物など)の量や質を考慮することが必要です。
 また、提示する情報については一方通行となるともあり、必要に応じて子どもに理解されているか、確認することが大切です。 

     最初のページに戻る