氏名(ふりがな)

涌井恵 (わくい めぐみ)

所属・職名

インクルーシブ教育システム推進センター主任研究員(国際担当)

研究課題

  1. インクルーシブ教育システムにおける教 育の専門性と研修カリキュラムの開発に関する研究(平成23~24年度 専門研究A・重点推進研究・中期特定研究)
  2. 発達障害のある子どもの教育情報の収集と提供に関する実際的研究-情報共有・連携システムの構築と連携した情報提供の試行と評価-(平成22~23年度 共同研究)
  3. 発達障害のある子どもの教育に関わる教材教具・支援機器の有用性に関する調査研究(平成23年 度 調査研究)
  4. 特別支援学校(知的障害)高等部における軽度知的障害のある生徒に対する教育課程に関する研究(平成22~23年度 重点推進研究:専門研究B)
  5. 発達障害のある子どもへの学校教育における支援の在り方に関する実際的研究―幼児教育から後期中等教育への支援の連続性―(平成22~23年度 重点推進研究:専門研究B)
  6. 発達障害児の在籍する通常学級における協同学習のユニバーサルデザイン化に関する研究(平成21~23年度 文科省科学研究費補助金・若手研究(B))
  7. 発達障害のある子どもの教育情報の収集と提供に関する実際的研究-情報共有・連携システムの構築と連携した情報提供の試行と評価-(平成22~23年度 共同研究)
  8. 発達障害のある子どもの教育に関わる教材教具・支援機器の有用性に関する調査研究(平成23年度 調査研究)
  9. 障害のある子どもへの一貫した支援システムに関する研究―早期から社会参加に至る発達障害支援の確立と検証―(平成22年度 専門研究A)
  10. 知的障害者である児童生徒に対する教育を行う特別支援学校に在籍する児童生徒の増加の実態と教育的対応に関する研究(平成21年度 専門研究B)
  11. 小中学校等における発達障害のある子どもへの教科教育等の支援に関する研究(平成20~21年度 重点推進研究:専門研究A)
  12. 知的障害教育におけるキャリア教育の在り方に関する研究(平成20~21年度 専門研究B)
  13. 障害のある子どもへの一貫した支援システムに関する研究―後期中等教育における発達障害への支援を中心として―(平成20~21年度 重点推進研究 専門研究A)
  14. 「特別支援教育にかかわるデータ収集」調査研究(平成18年度 調査研究)
  15. 知的障害者の確かな就労を実現するための指導内容・方法に関する研究―職業教育の観点から―(平成18~19年度 課題別研究)
  16. 特別支援学校における自閉症の特性に応じた指導パッケージの開発研究―総合的アセスメント方法及びキーポイントとなる指導内容の特定を中心に― (平成18~19年度 プロジェクト研究)
  17. 知的障害のある人の生涯学習における支援プログラムの開発に関する研究‘社会及び個人のヒストリーとネットワークの検討による’(平成15~18年度 文科省科学研究費補助金・基盤研究(B)(2))
  18. 障害のある児童生徒と障害のない児童生徒の交流及び共同学習の在り方に関する調査研究(平成17~18年度 調査研究)

主要著書・論文

  1. 米国における知的障害のある子どものキャリア教育の動向 と日本への示唆(独立行政法人国立特別支援教育総合研究所紀要,第38巻,p.19-30,単著),2011.
  2. 子どものソーシャルスキルとピアサポート-教師のためのインクルージョンガイドブック-(Janney, R & Snell, M.E. 、2006, SOCIAL RELATIONSHIPS AND PEER SUPPORT 2^nd Ed., 高 野久美子・涌井恵 監訳, 金剛出版), 2011.
  3. 本人中心アプローチによる障害のある子どもの支援の輪作りに関する事例報告-小学生へのPATH(Planning Alternative Tomorrow with Hope)の実施-(独立行政法人国立特別支援教育総合研究所教育相談年報,第30号,p.1-6,単著),2009
  4. 知的障碍のある子どもの社会的スキル指導について.(特別支援教育研究, 6月号, no. 622, p. 44, 東洋館出版社,単著 ), 2009.
  5. 協同学習による学習障害児支援プログラムの開発に関する研究―学力と社会性と仲間関係の促進の観点から―[文部科学省科学研究費補助金(若手研究(B))研究報告書 課題番号:14710117 ],2007.
  6. 自閉症教育における指導のポイント―海外の4つの自閉症指導プログラムの比較検討から―(国立特殊教育総合研究所紀要第34巻,17-33,共著),2007.
  7. 学校におけるアクションリサーチの推進を!:集団,組織(チーム),社会的随伴性をキーワードに(行動分析学研究,21巻1号,30-34,単著),2007.
  8. 軽度発達障害のある子どもの支援と協同学習の可能性(協同と教育,第3号,100-102,単著),2007.
  9. 知的障害のある子どもへのSST(佐藤正二・佐藤容子編『学校におけるSST実践ガイド―子どもの対人スキル指導―』金剛出版,p105-117,分担執筆),2006.
  10. 社会的スキル(氏森英亜・宮崎眞編著『一人ひとりの教育的ニーズに応じた特別支援教育入門―発達支援の基本と実際―』川島書店,p136-145,共著・分担執筆),2006.
  11. 『発達障害児の仲間同士の相互交渉促進に関する研究―社会的スキル訓練における集団随伴性の有効性―』風間書房(単著),2006.
  12. 軽度の知的障害の特性と理解(拓殖雅義編『通常学級での特別支援教育 PDCA』教育開発研究所,p51-54,分担執筆),2005.
  13. ワークショップによる校内・地域における連携・協働の輪づくりのヒント,他(プロジェクト研究報告書「特殊教育諸学校の地域におけるセンター的機能に関する開発的研究」),2005.
  14. 知的障害養護学校高等部における進路及び職業教育に関する調査,他(一般研究報告書「知的障害養護学校高等部における職業教育と就労支援に関する研究」,p19-52,p53-83),2005.
  15. 仲間モニタリングと集団随伴性を組み合わせた介入による社会的スキルと仲間同士の相互交渉の促進(LD研究, 13(1), p67-77,単著),2004. 

担当講義名

  1. 発達障害のアセスメントの理論と実際(平成21,22年度専門研修 知的障害・肢体不自由・病弱教育コース)
  2. 社会性の発達と障害(平成13,14,15,17年度 短期研修 知的障害教育コース,平成21,22年度 専門研修 知的障害・肢体不自由・病弱教育コース)
  3. 自閉症の子どものソーシャルスキル指導の実際(平成20,21,22年度 専門研修 情緒障害・自閉症教育コース)
  4. 社会性とコミュニケーション(平成18年度 言語障害教育コース) 

公的委員等

 

所属学会

  1. 日本特殊教育学会
  2. 日本行動療法学会
  3. 日本行動分析学会
  4. 日本発達障害学会
  5. 日本発達心理学会
  6. 日本LD学会
  7. 日本協同教育学会
  8. IASCE(International association for the study of cooperation in education)

備考

詳しくはこちら :
  J-GLOBALでのページへ 
*研究職員個人の責任ページになります。

 


 

このページの上へ