氏名(ふりがな)

小澤至賢(おざわ みちまさ)

所属・職名

研修事業部主任研究員(資質向上支援担当)

研究課題

  1. インクルーシブ教育システム構築に向けた取組を支える体制づくりに関する実際的研究 -モデル事業等における学校や地域等の実践を通じて- 【中期特定研究(インクルーシブ教育システムに関する研究)】(平成25年度~26年度 専門研究A)
  2. 小・中学校等で学習する重度の障害のある 子どもの教育の充実に関する予備的研究~就学の経緯、教育目標・内容、交 流及び共同学習の状況等に焦点をあてて(平成27年度予備的・準備的研究)

主要著書・論文

  1. 校内支援体制の実際(「特殊学級があればこんな工夫を」,「特殊学級がなくてもこんな工夫を」,「校外の教育機関を積極的に活用して」),ステップアップコラム(「医療関係につなぐには」,「全校の保護者への理解推進」,「個別の指導計画と個人情報の管理」) 発達の遅れと教育3月号,2006
  2. 学校コンサルテーションを進めるためのガイドブック 独立行政法人国立特殊教育総合研究所(分担執筆),2007.
  3. 学校コンサルテーションケースブック 独立行政法人国立特殊教育総合研究所(分担執筆),2007
  4. 「日本人学校における障害のある子どもへの対応」に関する調査 独立行政法人国立特殊教育総合研究所 世界の特殊教育(XXI)(研究分担),2006.
  5. クアラルンプール日本人学校,シンガポール日本人学校チャンギ校及び中学部,バンコク日本人学校における特別支援教育の実情と教育相談支援 独立行政法人国立特殊教育総合研究所 世界の特殊教育(XXI)(筆頭執筆),2007.
  6. 外国在留邦人に対する特別支援教育に関する相談支援体制の構築(科研費 基盤研究(B)),2007.
  7. 自閉症教育における指導のポイント─海外の4つの自閉症指導プログラムの比較検討から─独立行政法人国立特殊教育総合研究所 研究紀要第34巻(共同執筆),2007.
  8. 特別支援学級の担任が放課後にできる通常学級担任との連携協力 特別支援教育研究5月号,2007.
  9. アメリカ東部地区の日本人学校及び補習授業校における障害のある日本人児童生徒への支援状況,世界の特別支援教育(23),43-55(筆頭執筆),2009.
  10. ニューヨークの日本人学校における障害のある日本人児童生徒への支援状況,調査研究「日本人学校および補習授業校における特別支援教育の推進状況に関する調査研究」報告書(筆頭執筆),2009.
  11. 地方自治体の関係機関と連携した地域支援「地域で機能する特別支援学校に向けた地域支援の実際(むつ養護学校)」,地方自治体における地域支援「青森県むつ市」,関係機関と協働して行う総合的な支援体制の構築,地域支援実践事例集-特別支援教育を推進するために-(筆頭執筆),2009.
  12. 専門研究A「特別支援学校の特性を踏まえた学校評価の在り方に関する基礎的研究」報告書(共同執筆),2009.
  13. 専門研究B「知的障害教育におけるキャリア教育の在り方に関する研究-「キャリア発達段階・内容表(試案)」に基づく実践モデルの構築を目指して-」研究成果報告書(共同執筆),2010.
  14. 重点推進研究「自閉症スペクトラムの児童生徒に対する効果的な指導内容・指導方法に関する実際的研究-小・中学校における特別支援学級を中心に-」研究成果報告書(共同執筆),2010.
  15. 共同研究「障害のある子どもを支える地域の支援体制の構築と評価に関する実際的研究」研究成果報告書(研究代表者),2010.
  16. 知的障害特別支援学級における現状と課題,LD&ADHD 4月号(筆頭執筆),2010.
  17. 専門研究A「特別支援学校の特性を踏まえた学校評価の在り方に関する実際的研究」研究成果報告書(共同執筆),2011
     

担当講義名

  1. 学校コンサルテーションの実際
  2. 特別支援学校の地域におけるセンター的機能と特別支援教育コーディネーターの役割 

公的委員等

 

所属学会

  1. 日本特殊教育学会
  2. 日本教育経営学会
  3. 日本評価学会

備考

 

このページの上へ