氏名(ふりがな)

原田公人 (はらだ きみひと)

所属・職名

インクルーシブ教育システム推進センター上席総括研究員(地域実践研究事業担当),(兼)センター長

研究課題

  1. 特別支援学校における新学習指導要領に基づいた教育課程編成の在り方に関する実際的研究(平成22年度~平成23年度)
  2. 特別支援学校高等部(専攻科)における進路指導・職業教育支援プログラムの開発 代表 (平成22年度~平成23年度)
  3. 軽度・中等度難聴児に対する指導と支援のあり方に関する研究 代表(平成22年度~平成23年度)
  4. 日本型人工内耳教育支援システムの構築に関する研究 代表(平成22年度~平成25年度)
  5. 聴覚障害教育における教科指導の充実に資する教材活用に関する研究 代表(平成24年度)
  6. 特別支援学校及び特別支援学級における教育課程編成とその実施に関する研究(平成24年度~平成25年度)
  7. 今後の特別支援教育の進展に資する特別支援学校及び特別支援学級における教育課程に関する研究(平成26年度~平成27年度)
  8. 聴覚障害教育における教科指導等の充実に関する研究-教材活用の視点から-(平成26年度~平成27年度)
  9. 聴覚障害教育における教科指導及び自立活動の充実に関する実践的研究-教材活用の視点からインクルーシブ教育システム構築における専門性の継承と共有を目指して-(平成27年度~平成28年度)

主要著書・論文

  1. 耳鼻咽喉科診療プラクティス3新生児・幼児・小児の難聴,160-163,文光堂(分担執筆),2001.
  2. 特殊教育諸学校におけるセンター的機能に関する開発的研究プロジェクト研究報告書2<事例編>(平成13年度~平成15年度)「北海道における聾学校の地域支援-早期教育と通級指導に視点をあてて-」,21-29(分担執筆),2004.
  3. 盲・聾・養護学校における現職教員研修ニーズ-特別支援教育体制への移行における現状把握と展望-,心身障害学研究,第30巻,129-138(共同執筆),2005.
  4. 講座特別支援教育1 特別支援教育の基礎理論,教育出版,37-39,49-52,79-80,(分担執筆),2006.
  5. 講座特別支援教育2 特別支援教育の指導法,教育出版,54-55,57-61,(分担執筆),2006.
  6. 知的障害を有する人工内耳装用幼児の指導 筑波大学特別支援教育研究センター研究紀要第1巻,45-53,筑波大学特別支援教育研究センター,2006.
  7. ドイツにおける聴覚障害教育の概要と早期療育および早期人工内耳装用に関する調査 筑波大学特別支援教育研究センター研究紀要第2巻,66-703,2007.
  8. 学校コンサルテーションを進めるためのガイドブック-コンサルタント必携-聴覚障害児の対応について学級担任を支援した例-,72-77,国立特殊教育総合研究所,2007.
  9. 聾学校におけるコミュニケーション手段に関する研究 聴覚障害者情報提供施設調査,国立特別支援教育総合研究所,115-138,2008.
  10. ユースアドイサー要請プログラム 特別支援教育における査定~発達障害学生支援計画作成のための評価~,249-251,内閣府政策総括官(共生社会政策担当),2008
  11. 小児の中等度難聴ハンドブック,中等度難聴と初等・中等学校教育,116-123,金原出版,2009.
  12. 特別支援教育における教育課程の在り方に関する研究,国立特別支援教育総合研究所,1-2,110-116,2010.
  13.  障害のある子どもへの進路指導・職業教育の充実に関する研究,国立特別支援教育総合研究所, 13-27,83-110,2010.
  14. 聾学校における授業とその評価に関する研究,国立特別支援教育総合研究所,9-23,2010.
  15. 専門研究A「特別支援学校における新学習指導要領に基づいた教育課程編成の在り方に関する実際的研究」研究成果報告書.2012.
  16. 専門研究A「特別支援学校高等部(専攻科)における進路指導・職業教育支援プログラムの開発」研究成果報告書.2012.
  17. 専門研究B「軽度・中等度難聴児に対する指導と支援のあり方に関する研究」研究成果報告書.2012.
  18. 教育・療育期の人工内耳装用の聴覚補償とコミュニケーションと支援に関する検討. Audiology Japan, 56,65-72,2013.
  19. 人工内耳装用児・者における聴取・会話能力と学校適応および教育的支援に関する検討.リハビリテーション連携科学,14(1),92-99,2013.
  20. 新生児・幼小児の難聴-遺伝子診断から人工内耳手術,療育・教育まで-,診断と治療社,111-115,126-133,(分担執筆),2014.
  21. 人工内耳装用児者及び保護者による聞こえや会話の支援に関する評価の検討.Audiology Japan,57,329-330,2014.
  22. CI-Versorgung von Kindern in Japan. Die UN-Behindertenrechts-konvention und ihre Umsetzung.Leonhardt,A.,Muller,K.,&Truckenbrodt,T. (Hrsg.).282-287.linkhardt.(単独),2015. 
  23. 専門研究B「聴覚障害教育における教科指導及び自立活動の充実に関する実践的研究」研究成果報告書.2016.
  24. 講座特別支援教育1特別支援教育の基礎理論【第2版】.教育出版.41‐43,52-55,94-97,(分担執筆),2016.
  25. 講座特別支援教育3特別支援教育の指導法【第2版】.教育出版.60-65,(分担執筆),2016.
  26. Consideration of evaluation about auditory compensation and conversation by cochlear implant and their guardians. Handbook 12th Asia Paciific Cogress on Deafness 2016.

担当講義名

  1. 聴覚リハビリテーション(平成20年度~)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  2. 軽度・中等度難聴児への教育的対応 (平成20年度~)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  3. 聴覚障害教育論(平成20年度~)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  4. 進路指導・職業教育(平成20年度~平成23年度)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  5. 聴覚障害者の就労の実際と支援の在り方(平成24年度~)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  6. 世界の聴覚障害教育(平成23年度~)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  7. 聴覚学習(平成20年度~)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)
  8. 特別支援学校(聴覚障害)経営の現状と課題(平成24年度)(特別支援教育専門研修・視覚障害・聴覚障害教育コース)

公的委員等

 1.横須賀市立ろう学校 学校評議員(平成24年度~)

 

所属学会

  1. 日本聴覚医学会
  2. 日本特殊教育学会
  3. 障害科学学会
  4. 日本リハビリテーション連携科学学会

備考

 

このページの上へ