氏名(ふりがな)

伊藤由美 (いとう ゆみ)

所属・職名

インクルーシブ教育システム推進センター主任研究員(地域実践研究事業担当)

研究課題

  1. 発達障害のある子どもの指導の場・支援の実態と今後の在り方に関する研究-通級による指導等に関する調査をもとに-(平成26~27年度 専門研究B 副代表)
  2. インクルーシブ教育システム構築に向けた取組を支える体制づくりに関する実際的研究-モデル事業等における学校や地域等の実践を通じて-(平成25~26年度 中期特定研究 専門研究A)
  3. 「通常の学級に在籍する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」の補足調査(平成25年 調査研究 代表)
  4. インクルーシブ教育システムにおける教育の専門性と研修カリキュラムの開発に関する研究(平成23~24年度 専門研究A 重点推進研究・中期特定研究 副代表)
  5. 高等学校における発達障害等の特別な支援を必要とする生徒への指導・支援に関する研究-授業を中心とした指導・支援の在り方-(平成24~25年度 重点推進研究 専門研究B)
  6. 発達障害のある子どもへの学校教育における支援の在り方に関する実際的研究-幼児教育から後期中等教育への支援の連続性-(平成22~23年度 重点推進研究)
  7. 発達障害と情緒障害の関連と教育的支援に関する研究-二次障害の予防的対応を中心に-(平成22~23年度 専門研究B 副代表)
  8. 障害のある子どもへの一貫した支援システムに関する研究-早期から社会参加に至る発達障害支援の確立と検証-(平成22年度 専門研究A)
  9. 小中学校等における発達障害のある子どもへの教科教育等への支援に関する研究(平成20~21年度 重点推進研究)
  10. 障害のある子どもへの一貫した支援システムに関する研究(平成20~21年度 重点推進研究)
  11. 通常の学級における発達障害の子どもと他の在籍児との関係性支援に関する研究(平成20~21年度 科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)代表)
  12. 日本人学校および補習授業校における特別支援教育の推進状況に関する調査研究(平成19年度 教育相談部調査研究)
  13. 小・中学校における特別支援教育への理解と対応の充実に向けた総合的研究(平成18~19年度 プロジェクト研究)
  14. 通常の学級における障害理解のためのツール開発に関する研究(平成17年度 課題別研究)
  15. 吃音のある子どもの自己肯定感の形成をめぐって-関係性の中で作られる自己への支援という視点から-(平成16~18年度 課題別研究)

主要著書・論文

  1. 「発達障害のある児童生徒の指導等に関する全国実態調査」報告(2)~「指導の場」としての通級指導教室の現状と課題 ~,日本特殊教育学会第53回大会論文集,2015.
  2.  「発達障害のある児童生徒の指導等に関する全国実態調査」報告(4)~「指導の場」としての通級指導教室の現状と課題 ~,日本LD学会第24回大会論文集,2015.
  3. 「通常の学級に在席する発達障害の可能性のある特別な教育的支援を必要とする児童生徒に関する調査」の補足調査からみた通級指導教室の役割と課題,国立特別支援教育総合研究所紀要42,27-39,2015.
  4. 発達障害のある子どもの支援の状況と通級の役割について~文部科学省発達障害教育関連調査に関する補足調査から~,日本LD 学会第23回大会論文集,2014.
  5. 高等学校における発達障害等の特別な支援を必要とする生徒への指導・支援に関する研究(2)日本特殊教育学会第52回大会論文集,2014.
  6. 緘黙児の自己表現の変容に関する一考察-母子分離不安への支援を通して-,国立特別支援教育総合研究所研究紀要41,37-51,2014.
  7. 「発達障害」の子どもがもっている困難さ,実践障害児教育491,26-30,2014.
  8. 高等学校における特別支援教育の推進に関する実態調査(1),日本特殊教育学会第51回大会発表論文集,2013.
  9. 発達障害のある子どもの二次障害に関する研究(1)~自閉症・情緒障害特別支援学級における現状と課題~,日本LD学会大会論文集,2012.
  10. 通常の学級における発達障害の子どもと他の在籍児との関係性支援に関する研究,科学研究費補助金 若手研究(スタートアップ)研究報告書,課題番号:20830146,2010.
  11. 通常の学級における感情の読み取りを手がかりとした他者理解の検討,日本LD学会第18回大会発表論文集 ,2009.
  12. 分離に強い抵抗を示したアスペルガー女児の事例-プレイルームで展開されたAちゃんの内的空間-, 愛知教育大学障害児治療教育センター紀要27,81-88, 2007.
  13. 保護者との連携の基本的な考え・あり方,植雅義編「特別支援教育100問100答」教育開発研究所, p.186-187,(分担執筆),2007.
  14. 5歳吃音男児との遊戯療法過程-「偽りの自分」から「本当の自分」へ-,愛知教育大学障害児治療教育センター紀要26, 39-45, 2006.
  15. 吃音症状を呈した幼児との遊戯療法過程-症状を言葉にしていくことの意味-,日本心理臨床学会第25回大会発表論文集, 2006.
  16. 保護者との連携で基本的なことは何か,柘植雅義編「これならできる“LD・ADHD・高機能自閉症への対応”」教育開発研究所,p.183-185(分担執筆), 2006.

担当講義名

  1. 子供の心理発達と課題(平成26年度~ 特別支援教育専門研修 肢体不自由・病弱コース)
  2. 教育相談の基礎(平成25年度~ 特別支援教育専門研修 発達障害教育・情緒障害・言語障害コース)
  3. カウンセリングの理論と演習(平成19~24年度 特別支援教育専門研修 情緒障害・言語障害・発達障害教育コース)

公的委員等

 

所属学会

  1. 日本心理臨床学会
  2. 日本特殊教育学会
  3. 日本LD学会

備考

 

このページの上へ