氏名(ふりがな)

土井幸輝 (どい こうき)

所属・職名

研究企画部主任研究員(総合企画調整担当) 

研究課題

【専門研究・基幹研究】

  1. 障害のある子どもの今後の教育についての基礎研究-日本社会に即したインクルーシブ教育の実践にむけて(平成2122年度 専門研究A
  2. 障害の重度化と多様化に対応するアシスティブ・テクノロジーの活用と評価に関する研究(平成2122年度 専門研究A
  3. 小・中学校等に在籍している視覚障害のある児童生徒等に対する指導・支援に関する研究(平成22年度 専門研究B)
  4. 特別支援学校及び通常の学校に在籍する視覚障害のある児童生徒の教科指導の質の向上に関する研究(平成21年度 専門研究B
  5. デジタル教科書・教材及びICTの活用に関する基礎調査・研究(平成23年度 専門研究A)
  6. 小・中学校等に在籍している視覚障害のある児童生徒等に対する指導・支援に関する実際的研究(平成23年度 専門研究B
  7. 特別支援学校(視覚障害)における教材・教具の活用及び情報の共有化に関する研究 -ICTの役割を重視しながら-(平成24,25年度 専門研究中期特定研究)
  8. デジタル教科書・教材の試作とガイドラインの検証 -アクセシブルなデジタル教科書の作成を目指して- (平成24,25年度 中期特定研究)
  9. 障害のある児童生徒のためのICT活用に関する総合的な研究-学習上の支援機器等教材の活用事例の収集と整理ー (平成26,27年度 専門研究A 中期特定研究)
  10. 視覚障害のある児童生徒のための教科書デジタルデータの活用及びデジタル教科書の在り方に関する研究-我が国における現状と課題の整理と諸外国の状況調査を踏まえて-(平成26,27年度 専門研究B 中期特定研究)
  11. 我が国におけるインクルーシブ教育システムの構築に関する総合的研究(平成28年度 基幹研究)

【共同研究・調査研究】

 1.無色透明な紫外線硬化樹脂インクを用いた触知図・点字に関する製作システムの開発とそれらの触読性評価に関する研究(平成2122年度 共同研究,研究代表者)

 2. 障害のある子どもの教育環境を充実するための教育支援機器及びソフトウェアの整備にかかる調査(平成2122年度 調査研究)

 3.障害のある子どもの教育環境を充実させるための教育支援機器及びソフトウェアの整備と活用に関する調査(平成23年度 調査研究)

 4.墨字と併記可能な点字・触図作製技術を用いた視覚障害児・者用アクセシブルデザイン教材の作成(平成23,24年度 共同研究,研究代表者)

 5.視覚障害のある児童生徒のための校内触知案内図の作成と評価(平成252627年度 共同研究,研究代表者)

【科学研究費補助金(日本学術振興会)】

  1.  視覚障害者への情報提示を目的とした紫外線硬化樹脂による点字および触図に関する研究(平成1619年度 科学研究費補助金 基盤研究B

  2.  視覚障害者の為の触知案内図に用いられる触知記号の評価及び提案(平成1820年度 科学研究費補助金 若手研究(B),研究代表者)

  3.  高齢者・障害者配慮設計技術開発に向けて-加齢と指先の触知覚特性の関係(平成1922年度科学研究費補助金 基盤研究B

  4.  発達障害者の療育におけるゲーム性を応用した身体制御機能訓練用補助装置に関する研究(・平成1923年度科学研究費補助金 基盤研究C)

  5.  触知記号・凸記号の各構成因子が触知記号の識別容易性と電化製品の操作性に及ぼす影響(平成2123年度 科学研究費補助金 若手研究(B) ,研究代表者)

  6.  触知案内図,凸記号の表示方法に関する触知覚特性の評価(平成2225年度科学研究費補助金 基盤研究B

  7.  点字学習者のための点字触読支援具の製法提案(平成2426年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,研究代表者)

  8.  ホームケアをサポートする人間生活調和型コンパクトアクチュエータの総合的研究」(平成2528年度科学研究費補助金 基盤研究A)

  9.  聴覚障がい学生の講義への参加感を高めるための情報保障システムの開発(平成2528年度科学研究費補助金 基盤研究C)

10.  触読し易い浮き出し文字の表示法の確立(平成2527年度科学研究費補助金 基盤研究B)

11.  アクセシブルデザインの理念に基づく晴盲共用の触知シンボルの形状とサイズの解明(平成2729年度 科学研究費補助金 基盤研究(B),研究代表者)

12.  UV点字既存製法に代わる新規法提案と点字初心者用の触読し易いUV点字サイズの解明(平成2729年度 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究,研究代表者)

 

 


主要著書・論文

《障害児者支援関連》

 1.  触読熟達者における触知案内図の境界線識別にドットパターンとの隙間が及ぼす影響,ヒューマンインターフェース学会論文誌,Vol.19, No.1, pp.33-40, 2017-02

 2.  Experimental Study on Shapes of Tactile Signs for Distinguishable Identification on Body Soap Containers, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.21, No.1, pp.100-108, 2017-01

 3.  触知案内図における境界線とドットパターンとの隙間が境界線の識別特性に及ぼす影響,日本機械学会論文集,Vol.82, No.844, p.16-00267, 2016-12

   4サイズ可変点字印刷システムを用いたマス間隔比が紙点字の触読性に及ぼす影響の評価,国立特別支援教育総合研究所研究紀要,Vol.43, pp.1-11, 2016-03

  5.  紫外線硬化樹脂点字の新規作成装置を用いた触読し易い点字縦横間隔の評価,日本機械学会論文集,Vol.81, No.831, p.15-00381, 2015-11

  6.  触知初心者を対象とした蜜蝋吐出型筆記具における筆記し易いペン先端曲率半径と蜜蝋の盛り上がり特性の実験的検討,日本感性工学会論文誌,Vol.13, No.3, pp.471-477, 2014-08

  7.  点字触読の熟達者・初心者それぞれの加齢の影響に着目したアラビア数字の浮き出し文字のサイズが識別容易性に及ぼす影響,バイオメカニズム,Vol.22, pp.129-139, 2014-07

  8.  年齢及び触知経験が異なる視覚障害者の指先触知における推奨寸法の提案を目的とした凸バーと凸点の識別容易性の評価,バイオメカニズム,Vol.22, pp.105-117, 2014-07

 9.  触知案内図におけるドットパターンの点間隔が識別特性に及ぼす影響,日本感性工学会論文誌,Vol.13, No.2, pp.419-425, 2014-04

10.アラミド繊維強化プラスチック製の軽量白杖の作製と身体負担軽減効果の実験的検証,日本感性工学会論文誌,Vol.13, No.2, pp.333-339, 2014-04

11.  紫外線硬化樹脂点字のマス間隔比が触読性に及ぼす影響,国立特別支援教育総合研究所研究紀要,Vol.41, pp.27-36, 2014-03

12.  視覚障害者を対象とした触知案内図におけるストライプパターンの線間隔が識別容易性に及ぼす影響,日本生活支援工学会誌,Vol.13, No.2, pp.17-22, 2013-12

13.  先天性盲ろう乳幼児の保護者が養育時に抱える困難に関する研究,日本感性工学会,Vol.12, No.4, pp.537-543, 2013-12

14.  触知案内図のストライプパターンの線間隔が識別特性に及ぼす影響,日本感性工学会論文誌,Vol.12, No.3, pp.441-446, 2013-07

15.  高年齢者を対象とした凸バーと凸点のエッジの曲率半径がそれらの識別容易性に及ぼす影響の評価,日本生活支援工学会誌,Vol.12, No.2, pp.33-41, 2012-11

16.  凸点の高さと先端部の曲率半径が携帯電話の操作性に及ぼす影響,日本機械学会論文集C編,Vol.78, No.794, pp.165-173, 2012-10

17.  触知記号・浮き出し文字の識別容易性,バイオメカニズム, Vol.21, pp.81-92, 2012-08

18.  操作の仕方と凸点の高さが携帯電話の操作性に及ぼす影響の関係,バイオメカニズム21, Vol.21, pp.103-112, 2012-08

19.  高等教育機関において聴覚障害学生のノートテイカーを務める学生の目的意識と影響因に関する研究,日本生活支援工学会誌,Vol.12, No.1, pp.19-26, 2012-05

20.  エッジの曲率半径が凸バーと凸点の識別容易性に及ぼす影響,人間工学,Vol.47, No.6, pp.252-260, 2011-12

21.  触知記号のエッジの明瞭性が識別容易性に及ぼす影響,日本機械学会論文集C編,Vol.77,No.782,pp.228-237, 2011-10

22.  凸バーと凸点の識別容易性に関する研究,電子情報通信学会誌D編,Vol.J94-D, No.4, pp.694-701, 2011-04

23.  点間隔を広げた点字の読みやすさに関する研究,電子情報通信学会誌D編,Vol.J94-D, No.1, pp.191-198, 2011-01

24.  高等教育において聴覚障害学生が抱える具体的困難の抽出,日本生活支援工学会誌,Vol11, No.1, pp.26-33, 2011-06

25.  凸点の高さが携帯電話の操作性に及ぼす影響に関する研究,日本機械学会論文集C編,Vol.76, No.763, pp.690-695, 2010-03

26.  加齢がスクリーン印刷による触知記号の識別特性に及ぼす影響に関する研究,ライフサポート学会誌,Vol.21, No.4, pp.25-32, 2009-12

27.  触知案内図のドットパターン及びストライプパターンの粗密感覚特性に関する研究,日本機械学会論文集C編,Vol.75, No.752, pp. 1041-1046, 2009-04

28.  触知記号のサイズが識別容易性に及ぼす影響に関する研究,日本生活支援工学会誌,Vol.9, No.1, pp.22-28, 2009-05

29.  Polyester Non-woven Fabric Finger Cover as a TRUCT Braille Reading Assistance Tool for Braille Learners, Journal of Medical & Biological Engineering & Computing, Vol.45, No.11, pp.1153-1159, 2007-12

30.  紫外線硬化樹脂インクによる点字の識別容易性の向上,バイオメカニズム,Vol.19, pp.221-232, 2008-03

31.  不織布製指サックを用いたUV点字の触読性評価に関する研究,人間工学,Vol.42, No.2, pp.70-76, 2006-04

32.  印刷素材がUV点字の触読性に及ぼす影響に関する研究,日本機械学会論文集C編,Vol.72, No.716, pp.216-222, 2006-04

33.  ナイロン布を用いたUV点字の識別容易性に関する研究,人間工学,Vol.41, No.5, pp.282-288, 2005-10

34.  UV点字パターンの識別容易性評価に関する研究,日本機械学会論文集C編,Vol.70, No.699, pp.300-305, 2004-11

《ICT・インタフェース関連》

 1.  タッチパネルタブレット端末における人差し指の接触角度を考慮したボタンのサイズ及び間隔の評価,日本感性工学会論文誌,Vol.14, No.3, pp.343-350, 2015-8

 2.  タッチパネル携帯端末の操作方法がポインティング特性に及ぼす影響,バイオメカニズム,Vol.22, pp.119-128, 2014.

 3.  タッチパネルタブレット端末におけるディスプレイの表面特性が操作性に及ぼす影響,日本感性工学会論文誌,Vol.12, No.3, pp.431-439, 2013.

 4.  ヒト手掌部における温度感覚特性及び識別特性の評価,日本感性工学会論文誌,Vol.11, No.3, pp.419-425, 2012.

 5.  スイッチのサイズ及び形状が抵抗膜方式タッチパネル携帯端末の操作性に及ぼす影響について,日本機械学会論文集(C編),Vol.77, No.780, pp.84-94, 2011.

 6.  タッチパネルの設置高さ及び表示面傾斜角度が操作性と上肢負担に与える影響について,日本機械学会論文集(C編),Vol.77, No.778, pp.132-141, 2011.

 7.  タッチパネル操作時の手による画面の遮蔽計測と上肢負担,日本経営工学会論文誌,Vol.61, No.6, pp.325-336, 2011.

 8.  可操作性を用いたタッチパネルの表示面傾斜角度がその操作性に及ぼす影響の評価,日本経営工学会論文誌,Vol.61, No.1, pp.23-30, 2010. 

担当講義名

 1.  特別な教育的ニーズとICT・ATの活用(平成22年度~ 特別支援教育専門研修)

 2.  視覚障害と支援機器(平成22年度~ 特別支援教育専門研修(視覚障害教育コース))

 3.  点字学習とコンピュータ(平成22年度~ 特別支援教育専門研修(視覚障害教育コース))

 4.  視覚障害関連教材の作成と活用(平成22年度~ 特別支援教育専門研修(視覚障害教育コース))

公的委員等

 1.  計測自動制御学会触覚部会委員(平成20年度~)

 2.  ヒューマンインターフェース学会研究会委員(平成20・21年度)

 3.  高齢者・障害者配慮設計指針-触覚情報表示-触知図形の設計方法JIS原案作成委員会委員(平成21・22年度)

 4.  日本生活支援工学会編集委員(平成22年度~平成28年度)

 5.  ヒューマンインタフェース学会 特集号 編集委員(平成22・23年度)

 6.  戦略的国際標準化推進事業(国際標準共同研究開発事業アクセシブルデザイン(AD)の体系的技術に関する標準化)
TC173/SC7国内点字表示・触知案内図WG 委員(平成23年度~)  

 1.  ISO TC173/SC7/WG5 Expert(平成26年度~)

 2.  バイオメカニズム学会 評議員(平成26年度~)

所属学会

  1. 日本機械学会
  2. 日本人間工学会
  3. 日本生活支援工学会
  4. バイオメカニズム学会
  5. 日本感性工学会
  6. ヒューマンインタフェース学会
  7. 日本特殊教育学会

備考

 

このページの上へ