「国立特殊教育総合研究所研究紀要」 第31巻 2004 p.63〜89


(事例報告)
 
高機能自閉症児・者の教育的課題に関する一考察

−教育相談5事例から−
 
 
 
大 柴 文 枝 ・ 渥 美 義 賢

(情緒障害教育研究部)
 
 
要 旨
  教育相談の中から、高機能自閉症児・者の5事例を取上げた。このうち3名は、高等教育を終了して、現在20歳代後半の社会人である。2名は後期中等教育に在学中である。5事例の知的能力は、Wechsler法の検査の結果、全検査IQが4人は85以上で、1人は82であった。
  この5事例について、乳幼児期の発達の様子、専門機関の利用の経過、学校教育の場の利用とそこでの様子、教育相談における取組みの実際、その後の経過と現在の様子を報告した。
  この教育相談における取組みの実際の中から、特別支援教育に生かせると思われる教育的課題について、若干の考察をした。
 
 
見出し語: 高機能自閉症、教育相談、教育的課題
 


※ 要旨のみ掲載しております。
 

目次に戻る