養護学校小学部学習指導要領 肢体不自由教育編(昭和38年)

目 次
第1章 総 則
 第1 教育課程の編成
  1.一般方針
  2.授業時数の配当
  3.特 例
 第2 指導計画作成および指導の一般方針
 第3 道徳教育
 第4 機能訓練
第2章 各教科
 第1節 各教科の目標,内容ならびに指導計画作成および学習指導の方針
 第2節 国 語
 第3節 社 会
 第4節 算 数
 第5節 理 科
 第6節 音 楽
 第7節 図画工作
 第8節 家 庭
 第9節 体育・機能訓練
  1.体 育
  2.機能訓練
   (1) 目標
   (2) 内容
第3章 道徳,特別教育活動および学校行事等
 第1節 道徳
 第2節 特別教育活励
 第3節 学校行事等

第1章 総 則

第1.教育課程の編成

1.一般方針

肢体不自由者を教育する養護学校(以下「養護学校」という。)小学部の教育課程は,国語,社会,算数,理科,音楽,図面工作,家庭および体育・機能訓練(以下「各教科」という。)ならびに道徳,特別教育活動および学校行事等により編成するものとする。

各養護学校においては,教育基本法,学校教育法,および同法施行規則,養護学校小学部学習指導要領肢体不自由教育編,教育委員会規則等に示すところに従い,地域や学校の実態を考慮し,児童の発達段階,経験および肢体不自由の状態に即応して,適切な教育課程を編成するものとする。

2.授業時数の配当

(1) 養護学校小学部各学年の年間における授業時数の標準は次の表のとおりとする。

   ただし,道徳については最低時数を示すものとする。

区 分 第1学年 第2学年 第3学年 第4学年 第5学年 第6学年
各     教     科 国 語 238 (7) 315 (9) 280 (8) 280 (8) 245 (7) 245 (7)
社 会 68 (2) 70 (2) 105 (3) 140 (4) 140 (4) 140 (4)
算 数 102 (3) 140 (4) 175 (5) 210 (6) 210 (6) 210 (6)
理 科 68 (2) 70 (2) 105 (3) 105 (3) 140 (4) 140 (4)
音 楽 102 (3) 70 (2) 70 (2) 70 (2) 70 (2) 70 (2)
図画工作 102 (3) 70 (2) 70 (2) 70 (2) 70 (2) 70 (2)
家 庭         70 (2) 70 (2)
体育・機能訓練 170 (5) 175 (5) 175 (5) 175 (5) 175 (5) 175 (5)
道 徳 34 (1) 35 (1) 35 (1) 35 (1) 35 (1) 35 (1)
884 (26) 945 (27) 1,015 (29) 1,085 (31) 1,155 (33) 1,155 (33)

(2) 上掲(1)の表においては,授業時間の1単位時間は45分とし,かっこ内の授業時数は年間授業日数を35週(第1学年については34週)とした場合における週当たりの平均授業時数である。なお,授業の1単位時間には,教室を移動したり,休憩したりするのに要する時間を含まないものとする。

(3) 各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等に授業時数を配当するにあたっては,下記の事項に注意することが必要である。

ア 各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等の授業時数を定めたり,これを配当したりするにあたっては,児童の肢体不自由の状態を考慮し,負担過重にならないように留意すること。

イ 体育・機能訓練については,児童の肢体不自由の状態に応じて,それぞれ適切な授業時数を配当しなければならないこと。

ウ 道徳の授業時数については,各学年35単位時間(第1学年にあっては34単位時間)以上でなければならないこと。

エ 各教科および道徳についての1週間の時間割りを作成するにあたっては,上掲(1)の表のうち,かっこ内に示した週当たりの平均授業時数を参考として,調和的,能率的な指導ができるように配慮すること。

オ 特別教育活動および学校行事等については,児童の肢体不自由の状態に応じて,年間,学期,月または週ごとに適切な授業時数を配当することが望ましいこと。

カ 各教科および道徳についての各学年の授業は年間35週以上にわたって行なうように計画すること。

キ 各教科および道徳の授業の1単位時間は45分とすることが望ましいが,児童の肢体不自由の状態,季節およびその他の事情により45分未満とすることができること。

ク 第1学年から第4学年までの各学年においては,一部の各教科について,これをあわせ授業を行なうことができることとなっている(学校教育法施行規則第73条の10第3項で準用する同条第1項)。この場合それぞれの教科の目標,内容を逸脱しないように注意しなければならないこと。

ケ 機能訓練は,特別な技能を有す教職員による個別指導を必要とするから,その時間の配当にあたっては,担当教職員,施設設備,各教科および道徳にあてる授業時数などを考えあわせ,能率的かつ効果的な指導が行ないうるよう特に配慮すること。

3.特 例

(1) 私立の養護学校の小学部においては,各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等のほか,宗教を加えて教育課程を編成することかでき,この場合宗教をもって道徳に代えることができる。

また,道徳のほかに宗教の時間を設けている場合には,宗教の授業時数をもって道徳の授業時数の一部に代えることかできる。

(2) 複式学級において,特に必要のある場合には,各教科の目標の達成に支障のない範囲において,各教科についての学年別の順序によらないことができる。

(3) 重症脳性まひ児童のために特別に編成された学級や肢体不自由児施設等に入院治療中の児童については,実情に応じた特別な教育課程を編成し実施することができる。

(4) 非常変災,伝染病等により,臨時に授業を行なわない場合で,その年間にあらかじめ定められた授業時数を補うことかできないような,やむを得ない事情があるときは,その定められた授業時数を下ることかできる。

(5) 上記2(3)のクの場合は,当該養護学校の設置者は,市町村立養護学校にあっては都道府県教育委員会に,私立の養護学校にあっては都道府県知事にそれぞれあらかじめ届け出なければならないこととなっている(学校教育法施行規則第73条の10第4項で準用する第25条の2第3項)。また国立の養護学校にあっては文部大臣に届け出るものとする。

第2.指導計画作成および指導の一般方針

1.養護学校においては,下記の事項に留意し,各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等について相互の関連を図り,全体として調和のとれた指導計画を作成するとともに,発展的、系統的な指導を行なうことができるようにしなければならない。

(1) 各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等については,第2章以下に示すところに基づき,学校の実態や地域の状況などを考慮し,児童の肢体不自由の状態や経験に即応して,具体的な目標を明確にし,小学校学習指導要領第2章に示された内容に準じて実際に指導する事項を選定し,配列し,効果的な指導を行なうようにすること。

(2) 小学校学習指導要領第2章に示された各教科の内容に関する事項は,特に示す場合を除き,いずれの学校においても原則として取り扱うことを必要とするものである。各養護学校においては特に必要と認められる場合には,児童の肢体不自由の状態に応じて指導する事項を軽減することができること。ただしこの場合,学年別の目標や内容を考え,慎重な配慮をしなければならないこと。

(3) 小学校学習指導要領第2章に示された各教科の学年別の内容に掲げる事項の順序は,そのまま指導の順序を示すものではない。各養護学校においては,児童の経験や肢体不自由の状態などに即応して,各事項のまとめ方や順序をくふうして指導するようにすること。

(4) 保健に関する事項の指導は,各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等の教育活動全体を通じて行なうものとする。特に体育・機能訓練との関連を密にし,相互に効果的な指導が行なえるように配慮すること。

(5) 各教科,道徳,特別教育活動および学佼行事等の教育活動における適切な機会を利用して,個々の児童の機能障害の改善に資するように配慮しなければならないこと。

(6) 政治および宗教に関する事項の取り扱いについては,それぞれ教育基本法第8条および第9条の規定に基づき,適切に行なうように配慮しなければならないこと。

(7) 児童の心身の状況によって履修することが困難な各教科は,その児童の心身の状況に適合するように課さなければならないこととなっている(学校教育法施行規則第73条の11第2項で準用する第26条)。各養護学校においては指導の実際にあたって,個々の児童について特別な配慮をしなければならないこと。

2.各教科,道徳,特別教育活動および学校行事等の指導を能率的,効果的にするためには,下記の事項について留意する必要がある。

(1) 児童の発達段階や経験をよく理解すること。

(2) 肢体不自由者の心身の状態をよく理解すること。

(3) 学習の目標を児童にじゅうぶんはあくさせること。

(4) 児童の興味や関心を重んじ,自主的,自発的な学習をするように導くこと。

(5) 児童の個人差に留意して,個別指導を重んじ,それぞれの児童の個性や能力をできるだけ伸ばすようにすること。

(6) 学校における好ましい人間関係を育て,身のまわりの美化や整とんに努めるなど,学習環境を整えるようにすること。

(7) 教科書その他の教材,教具などについて常に研究し,特に教具は児童の使用を容易にするよう改善に努めること。また,児童の経験の不足を補うためにも,学校図書館の資料や視聴覚教材等をじゅうぶん活用すること。

(8) 学校医との連絡を密にし,教育活動全般を通じて医学的配慮を加えること。

第3.道徳教育

学校における道徳教育は,本来,学校の教育活動全体を通じて行なうことを基本とする。したがって,道徳の時間はもちろん,各教科,特別教育活動および学校行事等学校教育のあらゆる機会に,道徳性を高める指導が行なわれなければならない。

道徳の目標は,教育基本法および学校教育法に定められた教育の根本精神に基づく。すなわち,人間尊重の精神を一質して失わず,この精神を,家庭,学校その他各自がその一員であるそれぞれの社会の具体的な生活の中に生かし,個性豊かな文化の創造と民主的な国家および社会の発展に努め,進んで平和的な国際社会に貢献できる日本人を育成することを目標とする。

道徳の時間においては,各教科,特別教育活動および学校行事等における道徳教育と密接な関連を保ちながら,これを補充し,深化し,統合し,またはこれとの交流を図り,児童の望ましい道徳的習慣,心情,判断力を養い,社会における個人のあり方についての自覚を主体的に深め,道徳的実践力の向上を図るように指導するものとする。

第4.機能訓練

肢体不自由者は訓練することによって,その機能をある程度回復し,障害を軽減することができる。したがって養護学校においては,児童の機能障害の状況を正しくはあくし,その障害を改善するために適切な訓練を行なわなければならない。

機能訓練の目標は,個々の児童のもっている機能の障害を改善させるとともに,みずから進んで障害を克用しようとする態度を養い,健康な生活ができるようにすることにある。

機能訓練の時間においては,特別な技能を有する教職員が,学校医の処方に基づき,児童のもっている残存能力,代償能力,および回復能力を利用し,各種の機械器具をも活用して,児童の積極的な参加のもとに,個々の児童の障害の改善を図るように指導するものとする。

第2章 各教科

第1節 各教科の目標,内容ならびに指導計画作成および学習指導の方針

1.目標および内容

(1) 養護学校小学部の各教科の目標および内容については,特に示すものを除いて,小学校学習指導要領に示された各教科の目標および内容に準ずるものとする。

(2) 養護学校小学部の各教科の目標および内容の取り扱いにあたっては,児童の発達,経験,障害の種類と程度,能力差等を考慮しなければならない。

2.指導計画作成および学習指導の方針

各教科に関する指導計画作成および学習指導の方針については,小学校学習指導要領に示された各教科の指導計画作成および学習指導の方針に準ずるほか,下記の事項および本章第2節から第9節までに掲げるところによるものとする。

(1) 指導計画の作成にあたっては,小学校学習指導要領第2章に示された内容のうち,学習の著しく困難もしくは不可能なものについては,これを除くこともやむを得ないが,その場合,目標を逸脱しないように配慮しなければならない。

(2) 指導計画の作成および学習指導にあたっては,特に児童の経験領域を広めるように配慮しなければならない。

(3) 学習指導にあたっては,児童の特別な能力や技能の発見に努め,それらを助長し練摩するように配慮しなければならない。

第2節 国 語

1.指導計画の作成および指導にあたっては,とかく進度の遅れやすいことを考慮して,内容の選定や配列をくふうするとともに,指導法についてもじゅうぶん研究することが必要である。

2.指導にあたっては,児童の言語に関する機能上の特質,特に欠陥をはあくして,その欠陥の改善にも役だつように配慮しなければならない。

3.言語障害を有する児童の指導にあたっては,話すことについて児童のもっている不安を除くように配慮し,簡潔に要点を表現する能力を高めるように努め,指導の能率化を図るために,教材・教具の補助手段についてもくふうすることがたいせつである。

4.書くことに障害を有する児童の指導にあたっては,残存機能を活用するとともに,必要のある場合には,障害に応じた筆記具,用紙などを用いさせることかたいせつである。

第3節 社 会

1.指導計画の作成および指導にあたっては,児童の心理的,身体的条件を考慮し,特にその興味,要求,疑問に即応するようにすることが必要である。

2.指導にあたっては,視聴覚教材を活用するほか、実地観察や見学などを行ない,児童の社会的経験や見聞の不足を補うように努めることがたいせつである。

3.指導にあたっては,自発的活動を促し,依存的生活から自律的生活へ進もうとする態度を養うように配慮することが必要である。

4.社会生活に対する正しい理解を得させて,社会への適応力を高めるよう特に配慮することが必要である。

第4節 算 数

1.児童は数量生活に関する経験も乏しいので,親しみ深い生活を学習活動に取り入れ,できるだけ数量生活の拡大を図ることが必要である。

2.算数の基本的な用語や記号などを正しく理解させるとともに,これらを生活に活用することができるように指導することが必要である。

3.書くことに障害を有する児童は,筆算を要する内容の学習において進歩が遅れやすいので,特に指導上のくふうをすることが必要である。

4.指導にあたっては,豊富な教材,教具を活用して理解を深めるとともに,観察や実測を重んずることがたいせつである。

第5節 理 科

1.指導にあたっては,進んで観察しようとする態度を養うように配慮することがたいせつである。

2.広く理科的な経験を与え,生活を科学的,合理的に処理する能力を養うように指導することが必要である。

3.観察を重視するとともに,適切な教材,教具特に視聴覚教材を活用して,指導の効果を高めるように努めることが必要である。

4.実験の指導は困難を伴いやすいが,その方法をくふうし,できるだけその機会を多く与えることが必要である。この場合,危険予防について万全を期することが必要である。

第6節 音 楽

1.指導にあたっては,児童の情緒の安定を図るように留意し,児童が進んで学習に参加するとともに,音楽を楽しむ態度を養うようにすることが必要である。

2.指導にあたっては,すぐれた音楽を聞く機会を多くし,音楽に親しみ,その美しさを味わって聞く態度や能力を養うように努めることがたいせつである。

3.表現活動の指導にあたっては,合唱,合奏など全体活動の中で,各自の技能を伸ばすようにするとともに,創作の芽を育てるように配慮することがたいせつである。

4.器楽の指導にあたっては,各児童の障害に応じた楽器をくふう選択し,指導の効果があがるようにすることが必要である。

第7節 図画工作

1.障害を克服して製作する喜びを味わわせて,自信と意欲をもたせ,これを生かそうとする態度を養うことが必要である。

2.個々の障害に応じて,適切な材料,用具を準備し,指導の効果を高めることが必要である。なお,用具の使用にあたっては,特に危険予防についてじゅうぶん留意することが必要である。

3.作品の巧拙よりも表現の過程を重視し,あせらずに製作を楽しむように指導することがたいせつである。

4.指導にあたっては,造形的表現活動を重視するとともに,鑑賞の機会を特に多くして,美的情操を養うようにすることが必要である。

第8節 家 庭

1.家族の一員としての自己の役割を自覚させ,他人に依存することなく,自主的にその役割を果たすように指導することがたいせつである。

2.指導計画の作成にあたっては,児童の興味や必要に応じて,生活に結びついた実践的な教材を選定することが必要である。

3.製作,実習などの指導にあたっては,完成の喜びを味わわせ,自主的,自発的な学習への意欲を高めることがたいせつである。

4.児童の障害に応じて,適切な材料,用具をくふうして,指導の効果を高めることが必要である。なお,用具の使用にあたっては,特に危険予防についてじゅうぶん留意することが必要である。

第9節 体育・機能訓練

1.体 育

(1) 小学校学習指導要領に示された内容のうちには,そのまま課することが不適当なものもあろうが,児童の障害の状態に即して設備や方法にくふうを加え,障害の改善に必要なものはできるかぎり課するものとする。

(2) 指導計画の作成にあたっては,学校医との連絡を密にし,児童の健康状態,肢体不自由の種類と程度,運動能力,運動に対する興味や経験,地域の特性などを考慮することが必要である。

(3) 内容の配列にあたっては,学年の発達段階はもちろんのこと,機能訓練,特別教育活動,学校行事等の指導内容および季節などとの関連を考慮することが必要である。

(4) 児童の肢体不自由の種類,程度および能力によって,必要がある場合には,グル一プに分けることを考慮し,適切な指導ができるようにくふうすることがたいせつである。

(5) 指導にあたっては,機能訓練との違いを考え,単に技能の指導だけに陥ることなく,必要な内容がかたよりなく学習されるように留意し,全般的に学習効果があがるように努めなければならない。

(6) 体育の指導を通じて,児童の情緒の安定を図り,協力的な態度を養い,明るくのびのびした生活ができるように指導することが必要である。

2.機能訓練

(1) 目 標

ア 機能の障害を改善するために必要な訓練を行ない,日常の起居動作の不自由を克服して生活能力の向上を図る。

イ 機能訓練の意義を理解させ,積極的にこれに参加するとともに,日常生活においてもみずから訓練を行なうような態度を養う。

ウ 障害の状態を自覚し,それに即した機能訓練の方法を身につけさせるようにする。

(2) 内 容

ア 機能の訓練

(ア) 基本動作訓練

 他動運動,介助運動,自動運勤,抵抗運動などを通して,各肢節の基本動作を習得する訓練を行なう。

(イ) 起立歩行訓練

起立歩行用の各種の器具を利用して,体幹および下肢の応用動作の訓練を行なう。

(ウ) 水治訓練

水の物理的特性を利用して,上記の諸訓練を行なう。

イ 職能の訓練

(ア) 応用動作訓練

種々の作業を通して肢体の総合訓練を行なう。

(イ) 日常生活動作訓練

種々の日常生活動作を習得する訓練を行なう。

ウ 言語の訓練

発語・発音等に必要な基礎能力を高めるために呼吸調節や構音機能の馴練を行なう。

上記の内容を実施するにあたっては,次の事項を指導するものとする。

・ 自己の障害を正しく理解させる。

・ 自己の障害を改善するのに必要な機能訓練の意味と方法を理解させる。

・ みずから進んで機能訓練を行なう習慣と態度を養う。

(3) 指導計画作成および指導上の留意事項

ア 指導計画の作成にあたっては,車門医の処方に基づき,必要がある場合にはその指導を求め,上記内容のうち個々の児童に最も適したものを選定することが必要である。

イ 児童の肢体不自由の種類,程度によっては,補助的手股としてマッサージ等を課することができる。

ウ カリエスの児童など,機能訓練を課することによって弊害を生ずるおそれのあるものの取り扱いについては,専門医の指導を求め,特に慎重を期さなければならない。

第3章 道徳,特別教育活動および学校行事等

第1節 道 徳

養護学校小学部の道徳の目標,内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事項については,小学校学習指導要領に示されたものに準ずるほか,下に掲げるところによるものとする。

1.肢体の機能障害を克服する意欲を高め,積極的に自己の生活を開拓する生活態度を養うように指導することが必要である。

2.肢体不自用に起因する性格のかたよりと偏見をきょう正し,周囲の人々と協調して明朗な生活ができるように指導することがたいせつである。

3.各教科特に社会科との関連を密にし,経験の拡張を図り,社会的経験の狭さからくる弊害をできるだけ少なくするように指導することがたいせつである。

第2節 特別教育活動

養護学校小学部の特別教育活動の目標,内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事項については,小学校学習指導要碩に示されたものに準ずるほか,下に掲げるところによるものとする。

1.児童がみずから障害を認識し,実践活動を通して積極的に障害を克用しようとする生活態度を養うように指導することが必要である。

2.クラブ活動の指導にあたっては,障害の種類別,程度別など,肢体不自由の実態に即したクラブ編成を行ない,指導の効果がいっそうあがるように配慮することがたいせつである。

3.クラブ活動を通して,各教科の学習で達成されない個々の問題を解決したり,また児童の将来の方向について考えさせたりするように指導することが必要である。

第3節 学校行事等

養護学校小学部の学校行事等の目標,内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事項については,小学校学習指導要領に示されたものに準ずるほか,下に掲げるところによるものとする。

 (1) 指導計画の作成にあたっては,児童の障害の回復に資するような内容をできるだけ多く取り上げ,その実施の時期,時間,回数,方法などを決めることが必要である。

 (2) 指導計画の作成および指導にあたっては,児童の生活を楽しくし,かつその充実発展を図るようにすることがたいせつである。