養護学校中学部学習指導要領 病弱教育編(昭和39年)

目 次
第1章 総 則
 第1 教育課程の編成
  1 一般方針
  2 授業時数の配当
  3 選択教科の運営
  4 特 例
 第2 指導計画作成および指導の一般方針
 第3 道徳教育
 第4 養護活動
第2章 各教科
第3章 道徳、特別教育活動および学校行事等
 第1 道 徳
 第2 特別教育活動
 第3 学校行事等

第1章 総 則

第1 教育課程の編成

1 一般方針

病弱者(身体虚弱者を含む。以下同じ。)を教育する養護学校(以下「養護学校」という。)中学部の教育課程は、必修教科、選択教科、道徳、特別教育活動および学校行事等によって編成するものとし、必修教科は、国語、社会、数学、理科、音楽、美術、養護・保健体育および技術・家庭、選択教科は、外国語、農業、工業、商業、水産、家庭、薬業、数学、音楽および美術とする。

各養護学校においては、教育基本法、学校教育法、学校教育法施行規則(以下「規則」という。)、養護学枝中学部学習指導要領病弱教育編、教育委員会規則等に示すところに従って教育課程を編成するものとする。この場合、各養護学校においては、地域や学校の実態を考慮し、生徒の発達段階、経験および病弱(身体虚弱を含む。以下同じ。)の状態に即応するように留意しなければならない。

2 授業時数の配当

(1) 養護学校中学部の各学年における必修教科および選択教科(以下「各教科」という。)ならびに特別教育活動のうちの学級活動(以下「学級活動」という。)の年間の授業時教の標準ならびに道徳の年間の最低授業時数は次の表のとおりとする。

区 分 第1学年 第2学年 第3学年
必修 教 科 国 語 175(5) 140(4) 175(5)
社 会 140(4) 175(5) 140(4)
数 学 140(4) 140(4) 105(3)
理 科 140(4) 140(4) 140(4)
音 楽 70(2) 70(2) 35(1)
美 術 70(2) 35(1) 35(1)
養護・保健体育 210(6) 210(6) 210(6)
技術・家庭 105(3) 105(3) 105(3)
外国語 105(3) 105(3) 105(3)
選  択  教  科 農 業 70(2) 70(2) 70(2)
工 業 70(2) 70(2) 70(2)
商 業 70(2) 70(2) 70(2)
水 産 70(2) 70(2) 70(2)
家 庭 70(2) 70(2) 70(2)
薬 業 70(2) 70(2) 70(2)
数 学     70(2)
音 楽 35(1) 35(1) 35(1)
美 術 35(1) 35(1) 35(1)
道 徳 35(1) 35(1) 35(1)
学級活動 35(1) 35(1) 35(1)

(2) 上掲(1)の表においては、授業時数の1単位時間は40分(ただし養護・保健体育は45分)とし、かっこ内の授業時間は年間授業日数を35週とした場合における週当たりの平均授業時数である。なお、授業の1単位時間には、教室を移動したり、休憩したりするのに要する時間を含まないものとする。

(3) 各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等に授業時数を配当するにあたっては、下記の事項に注意することが必要である。

ア 各学年の総授業時数を定めたり、各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等のそれぞれの年間の授業時数を定めたり、これを配当したりするにあたっては、生徒の病弱の状態を考慮し、負担過重にならないように留意すること。

イ 養護・保健体育については、生徒の病弱の状態に応じて、それぞれ適切な授業時数を配当しなければならないこと。

ウ 道徳の授業時数については、各学年35単位時間以上でなければならないこと。

エ 特別教育活動のうち生徒会活動、クラブ活動などや学校行事等については、それらに充てる授業時数は、上掲(1)の表には示していないが、生徒の病弱の状態に応じて、年間、学期、月または週ごとに適切な授業時数を配当することが望ましいこと。

オ 各教科、道徳および学級活動についての各学年の授業は年間35週以上にわたって行なうように計画すること。

カ 各教科、道徳および学級活動の授業の1単位時間の標準は40分(養護・保健体育は45分)とすることが望ましいが、生徒の病弱の状態、季節およびその他の事情により増減することができること。

キ 各教科、道徳および学級活動についての1週間の時間割を作成するにあたっては、上掲(1)の表のうち、かっこ内に示した週当たりの平均授業時数を参考として、調和的、能率的な指導ができるように配慮すること。

ク 各学年における各教科、道徳および学級活動の授業時数の計は1,225単位時間を標準とすること。

3 選択教科の運営

選択教科は、土地の状況ならびに生徒の病弱の状態、進路および特性を考慮して設けるものとし、その際、下記によるものとする。

(1) 選択教科の授業時数については、次によるものとする。

ア 養護学校は、毎学年1以上の選択教科について105単位時間を標準として生徒に履修させなければならない。このうち、少なくともいずれか1の教科の授業時数は、70単位時間(外国語にあっては105単位時間)を標準とすること。

イ 上記アによって70単位時間を標準とする選択教科のほかに農業、工業、商業、水産、家庭または薬業(以下「職業に関する教科」という。)のうち1以上の教科を履修させる場合における当該職業に関する教科についての授業時数は、上掲2の(1)の表に示されている授業時数にかかわらず、それぞれ35単位時間を標準とすることができること。

(2) 養護学枝は、個々の生徒について、その進路、特性等をじゅうぶん考慮し、それぞれの生徒に適した選択教科を選択させて履修させるように指導しなければならない。

(3) 選択教科のうち外国語については、英語、ドイツ語、フランス語その他の現代の外国語のうちいずれか1か国語を履修させることを原則とし、第1学年から履修させることが望ましい。

なお、進路、特性等により外国語を深く学習しようとする生徒に対しては、第3学年において、これを175単位時間を標準として履修させることが望ましい。

(4) 進路、特性等により数学をさらに深く学習しようとする生徒に対しては、第3学年において、選択教科の数学を履修させることが望ましい。

(5) 第3学年において進路、特性等により職業に関する教科を学習しようとする生徒に対しては、地域や学校の実態、生徒の必要等に応じ、職業に関する教科について、140単位時間を標準として履修させることが望ましい。

(6) 選択教科の音楽または美術については、生徒の進路、特性等に応じて履修できるようにすることが望ましい。

4 特 例

(1) 私立の養護学校においては、各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等のほか、宗教を加えて教育課程を編成することができ、この場合は、宗教をもって道徳に代えることができる。

また、宗教の時間と道徳の時間とをあわせて設けている養護学校にあっては、宗教の授業時数をもって道徳の授業時数の一部に代えることができる。

(2) 複式学級において、特に必要がある場合は、各教科の目標の達成に支障のない範囲において、各教科についての学年別の順序によらないことができる。

(3) 病弱の程度の重い生徒のために特別に編制された学級については、実情に応じた教育課程を編成し実施することができる。

(4) 病弱以外に他の心身の故障をあわせ有する生徒に係る教育課程については、特に必要がある場合は、特別の教育課程によることがてきることとなっている(規則第73条の11第1項)。

(5) 非常変災、伝染病等により、臨時に授業を行なわない場合で、その年間にあらかじめ定められた授業時数を補うことができないような、やむを得ない事情があるときは、その定められた授業時数を下ることができる。

第2 指導計画作成および指導の一般方針

1 養護学校においては、下記の事項に留意して、各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等について、相互の関連を図り、全体として調和のとれた指導計画を作成するとともに、発展的、系統的な指導を行なうことができるようにしなければならない。

(1) 各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等については、第2章以下に示すところに基づき、養護学校の実態や地域の状況などを考慮し、生徒の病弱の状態や経験に即応して、具体的な指導の目標を明確にし、中学校学習指導要領第2章に示された内容に準じて、実際に指導する事項を選定し、配列し、効果的な指導を行なうようにすること。

(2) 各教科の目標および内容は、特に示す場合を除き、中学校学習指導要領第2章に示されたものに準ずるものとするが、配当時数ならびに生徒の病弱の状態に応じて、必要のある場合には、指導する事項を軽減し、生徒の負担過重にならないように配慮すること。この場合、各教科の目標を逸脱しないように留意しなければならないこと。

(3) 職業に関する教科については、下記の事項に留意して指導計画を作成し、職業生活または家庭生活に関する基礎的な知識と技能を習得させるようにするものとすること。

ア 1の教科を履修させる場合においては、中学校学習指導要領第2章に示された当該教科の内容を標準とすること。

イ 生徒の病弱の状態、土地の状況や学校の事情などに即応し、中学校学習指導要領第2章に示されていない内容についても指導することができること。

ウ 生徒の病弱の状態、授業時数や土地の状況、学校の事情などに即応して、中学校学習指導要領第2章に示された当該教科の内容のいずれかに重点を置いて指導することもできること。

エ 2以上の教科を履修させる場合においては、その指導する事項について相互に密接な関連を図るようにすること。

(4) 中学校学習指導要領第2章に示された各教科の学年別の内容に掲げる事項の順序は、特に示す場合を除き、そのまま指導の順序を示すものではない。各養護学校においては、生徒の経験や病弱の状態に即応して、各事項のまとめ方や順序をくふうして指導するようにすること。

(5) 政治および宗教に関する事項の取り扱いについては、それぞれ教育基本法第8条および第9条の規定に基づき、適切に行なうように配慮しなければならないこと。

(6) 生徒が心身の状況によって履修することが困難な各教科は、その生徒の心身の状況に適合するように課さなければならないことになっている(規則第73条の12第2項で準用する第26条)。各養護学校においては指導の実際にあたって、個々の生徒について特別な配慮をしなければならないこと。

(7) 中学校学習指導要領第2章第2節社会「第3指導計画作成および学習指導の方針」の7に示された特例については、これを実施しようとする場合は、公立の養護学校にあっては教育委員会に、私立の養護学校にあっては都道府県知事に、国立の養護学校にあっては文部大臣にあらかじめ届け出るものとすること。

(8) 生徒は健康が回復すれば、中学校に編入学するものであるから、指導計画は地域における中学校の指導計画を考慮して作成すること。

2 各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等の指導を能率的、効果的にするためには、下記の事頂について留意する必要がある。

(1) 生徒の発達段階、経験、病弱の状態などをよく理解すること。

(2) 養護学校に就学している目標をじゅうぶんはあくさせること。

(3) 学習の目標を生徒にじゅうぶんはあくさせること。

(4) 生徒の興味や関心を重んじ、自主的、自発的な学習をするように導くこと。

(5) 生徒の個人差や病弱の状態に留意して指導し、それぞれの生徒の健康回復を図り、個性や能力をできるだけ伸ばすようにすること。

(6) 学校における好ましい人間関係を育て、身のまわりの美化や整とんに努めるなど、学習環境を整えるようにすること。

(7) 教科書その他の教材、教具などについて常に研究し、その活用に努めること。また、学校図書館の資料や視聴覚教材等については、これを精選して活用するようにすること。

(8) 学校医との連絡を密にし、教育活動全体を通じて医学的配慮を加えること。

(9) 指導の成果を絶えず評価し、指導の改善に努めること。

第3 道徳教育

学校における道徳教育は、本来、学校の教育活動全体を通じて行なうことを基本とする。したがって、道徳の時間はもちろん、各教科、特別教育活動および学校行事等の学校教育のあらゆる機会に、道徳性を高める指導が行なわれなければならない。

道徳教育の目標は、教育基本法および学校教育法に定められた根本精神に基づく。すなわち、人間尊重の精神を一貫して失わず、この精神を、家庭、学校、その他各自がその一員であるそれぞれの社会の具体的な生活の中に生かし、個性豊かな文化の創造、民主的な国家および社会の発展に努め、進んで平和的な国際社会に貢献できる日本人を育成することを目標とする。

道徳の時間においては、各教科、特別教育活動および学校行事等における道徳教育と密接な関連を保ちながら、これを補充し、深化し、統合し、またはこれとの交流を図り、生徒の望ましい道徳的習慣、心情、判断力を養い、社会における個人のあり方についての自覚を主体的に深め、道徳的実践力の向上を図るように指導するものとする。

道徳の時間における指導は、学級担任の教師が担当することを原則とする。

第4 養護活動

養護活動は養護学校における教育の基礎であるから、学校の教育活動全体を通じて行なうことが必要である。したがって、養護・保健体育の時間はもちろん、各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等の学校教育のあらゆる機会に、健康の回復を図るための指導が行なわれなければならない。

養護活動の目標は、生徒の病弱の状態に応じ、養護活動を通して健康の回復を図るとともに健康な生活ができるようにすることにある。

養護・保健体育の時間においては、各教科、道徳、特別教育活動および学校行事等における養護活動と密接な関連を保ちながら、必要な生活規制を実践する習慣と態度を養い、安静、運動、レクリエーンョン等を個々の児童の病弱の状態に応じて実施して、健康の回復を図るように指導するものとする。

第2章  各教科

  各教科の目標、内容ならびに指導計画作成および学習指導の方針は、中学校学習指導要領に示されたものに準ずるほか、下記の事項によるものとする。

  1 各教科の指導計画は、生徒の病弱の状態に応じ、基礎的な内容を中心とする指導計面から、順次内容を豊富にして、中学校における指導計画に近いものに至るまで、段階的に作成すること。

  2 中学校学習指導要領に示された各教科の学年別内容やその系統についてじゅうぶん理解し、生徒の病弱の状態に応ずる授業時数を考慮し、基礎的な内容に欠けないように指導すること。

  3 長期欠席等による学業遅進の状態をじゅうぶんはあくし、これに即応する指導計面を作成するとともに、個別指導に心がけること。

  4 病弱の状態によって学習することの不可能または困難な内容については、これを省くこともやむを得ないが、その場合、目標を逸脱しないように配慮しなければならない。

  5 各教科の指導にあたっては、常に生徒の心身の疲労、疾病の状態に留意し、特に必要のある場合には、学習の軽減、休息時間の設定等適切な処置をとること。

  6 学校図書館や視聴覚教材を整備し、これらを利用して、生徒の学習が容易にできるように努めること。

  7 各教科の指導計画の作成ならびに指導にあたっては、特に養護・保健体育との関連をじゅうぶん考慮すること。

  8 養護・保健体育の目標、内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事項については、次によるものとする。

 (1) 養 護

 ア 目 標

 (ア) 各生徒に適した生活規制を行なわせて健康回復を図る。

 (イ) 養護の意義を理解させ、健康回復に必要な知識、技能を養う。

 (ウ) 自己の病弱の状態を自覚させ、健康回復に必要な生活規制を実践する習慣、態度を養う。

 イ 内 容

 (ア) 主として安静に関する内容

 病弱の状態に応じた絶対安静、安静、休養、午睡などを中心とする諸活勤。

 (イ) 主として運動に関する内容

 病弱の状態に応じた歩行、運動、皮膚摩擦などを中心とする諸活動。

 (ウ) 主としてレクリエーションに関する内容

 病弱の状態に応じた散歩、遊戯、読書、飼育、栽培、娯楽などの諸活動。

 上記の内容を実施するにあたっては、次の事項を指導するものとする。

 ・安静、運動およびレクリエーンヨンについて、その意味と方法を理解させ、これらを実践する習慣と態度を養う。

 ・自己の病弱の状態について関心をもたせ、健康の回復に必要な知識、技能を養う。

 ウ 指導計画作成および指導上の留意事項

 (ア) 指導計画は、各教科、道徳、特別教育活動、学校行事等、寄宿舎生活などの指導と密接な関連をもたせるような組織的、総合的なものであることが必要である。

 (イ) 指導計画は、養護学校における保健に関する事項の指導を充実し、いっそう効果をあげるよう発展的なものであることが必要である。

 (ウ) 指導計画の作成にあたっては、健康診断の結果に基づき、個々の生徒に最も適した内容、方法、時間等を具体的に定めなければならない。

 (エ) 指導計画は、定期的に行なわれる健康診断に基づき、必要がある場合には専門医の指導を求め生徒の健康回復に応じて修正を加えるようにしなけれはならない。

 (オ) 指導にあたっては、病弱の状態に応じて作成された指導計画の意味を生徒に理解させ、健康回復に希望をもたせて、積極的に参加させるようにしなければならない。

 (カ) 「主として運動に関する内容」の指導にあたっては、保健体育における指導との関連を密にするとともに、生徒の負担過重にならないように配慮しなければならない。

 (キ) 指導にあたっては、特に下記の事項に留意する必要がある。

 A 主として安静に関する内容の指導

 (a) 安静は治療や疲労回復の重要な条件であるから、指示された内容を確実に実践するように指導すること。

 (b) 肉体的安静とともに精神的安静を図るように指導すること。

 (c) 生徒が指示された安静を確実に実践できるように環境を整備するとともに、事前指導をじゅうぶん行なうこと。

 B 主として運動に関する内容の指導

 (a) 運動は健康回復に必要な条件であるから、指示された内容を確実に実践するように指導すること。

 (b) 運動量を増加することは、健康回復に大きな影響を与えるから、健康診断の結果に基づき、必要がある場合には専門医の指導を求め、慎重に行なうこと。

 (c) 運動は漸進的、系統的に行なわせること。

 (d) 生徒が指示された運動を確実に実践できるように施設設備の充実を図るとともに、具体的な指導を行なうこと。

 C 主としてレクリエーションに関する内容の指導

 (a) 生徒の生活全体が健康回復に適したものでなければならないから、レクリエーションの時間であっても、目標にそうような内容について指導すること。

 (b) 生徒が各自の病弱の状態を理解して、レクリエーションの時間を有効に過ごすように指導すること。

 (c) 生徒がレクリエーションを正しく行なうことができるように、環境を整備し、施設設備を充実するとともに、具体的な指導を行なうこと。

 (2) 保健体育

 ア 目標は、中学校学習指導要領に示されたものを参考として、生徒の病弱の状態に応じて、具体的にこれを定めなければならない。

 イ 内容は、生徒の病弱の状態に応じて、中学校学習指導要領に示された内容のうちから指導可能なものおよび健康回復に必要なものを選定するようにする。

 ウ 指導にあたっては、生徒の疲労しやすいことを考慮して、状況によっては必要な休息をとらせる等適切な処置をとるようにする。

 エ 指導にあたっては、特に生徒の負担過重にならないように配慮しなければならない。

第3章 道徳、特別教育活動および学校行事等

第1 道 徳

道徳の目標、内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事項については、中学校学習指導要領に示されたものに準ずるほか、下記の事項によるものとする。

1 指導計画は、生徒の生活環境や心身の状態の特殊性を考慮して、具体的なものにすることが必要である。

2 生徒の生活環境、生育歴、交友などについて、できるだけ多くの資料を収集、整理して、指導計画の作成と指導の実際に活用することが望ましい。

3 病弱に起因する性格や行動上の問題点をきょう正することに努め、明るく生きることができるように指導することが必要である。

4 指導の効果をあげるために、病院、寄宿舎および家庭との連絡を密接にするとともに、生徒の日常生活全体を明るくし、よいふんい気を作るようにすることが必要である。

5 指導にあたっては、生徒の健康回復に対する自信と希望をもたせ、自主性を尊重するように努めることが必要である。

6 指導にあたっては、特に生徒が健康回復に対する自主的な習慣態度を育成するように留意することが必要である。

第2 特別教育活動

特別教育活動の目標、内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事項については、中学校学習指導要領に示されたものに準ずるほか、下記の事項によるものとする。

1 指導計画の作成にあたっては、生徒の生活環境、病弱の状態および発達段階を考慮して、種類、方法、時間などを慎重に定めることが必要である。

2 指導計画の作成およびその実施にあたっては、弾力性をもたせることが必要である。

3 学級活動は、毎学年35単位時間を標準として実施するものとし、このうち進路指導については、毎学年計画的に実施し、卒業までの実施時数は40単位時間を標準とする。

4 指導にあたっては、広い地域から随時編入学してくる生徒たちが、できるだけ早く相互に理解しあい、楽しく自主的な活動ができるように、特に配慮することが必要である。

5 指導にあたっては、生徒の自発的な実践活動を促すことがたいせつであるが、生徒の病弱の状態に注意して、心身の負担過重にならないように留意することが必要である。

第3 学校行事等

学校行事等の目標、内容ならびに指導計画作成および指導上の留意事頂については、中学校学習指導要領に示されたものに準ずるほか、下記の事項によるものとする。

1 指導計画は生徒の生活環境、病弱の状態に応じ、特に健康観察、健康診断、健康相談、病気の予防措置などの保健的行事を充実することが必要である。

2 指導計画の作成およびその実施にあたっては、生徒の生活環境の特殊性を考慮し、生活の単調化を防いで楽しくするようにしなければならない。

3 指導計画の作成およびその実施にあたっては、弾力性をもたせることが必要である。

4 指導にあたっては、生徒の積極的参加を促すことがたいせつであるが、生徒の病弱の状態に注意して、心身の負担過重にならないよう留意することが必要である。