国立特別支援教育総合研究所メールマガジン
臨時増刊号(平成22年 3月号)2010.3.26

■世界自閉症啓発デーイベントのご案内

世界自閉症啓発デーについて

 平成19年12月18日に国連総会において毎年 4月 2日を世界自閉症啓発デー とすることが決議され、世界各国で政府やNPO等が協力して自閉症について 啓発を進める取組を行っております。
 わが国では世界自閉症啓発デー・日本実行委員会が組織されました。その 共催機関として国立特別支援教育総合研究所も啓発活動の一翼を担っていま す。なお、これらに関する情報は「世界自閉症啓発デー公式サイト」に掲載 されています。
 ○世界自閉症啓発デー公式Webサイトはこちら→
 http://www.worldautismawarenessday.jp/

 当研究所でも、以下に示すイベントの開催や特設Webサイトの開設を行っ ています。是非、御参加、御覧いただければ幸いです。
 自閉症の方々への理解が深まり、支援が充実していくよう、本研究所も皆 様と協力していきたいと考えます。

発達障害教育情報センター長 渥美 義賢

◆世界自閉症啓発デー2010 in 横須賀 の開催について

 世界自閉症啓発デーにちなみ、我が国で唯一の自閉症を対象とした学校で あります筑波大学附属久里浜特別支援学校と国立特別支援教育総合研究所の 合同で、共に所在地である横須賀市における啓発イベントとして、「世界自 閉症啓発デー2010 in 横須賀」を開催いたします。
 皆様どうぞふるって御参加ください。

世界自閉症啓発デー2010 in 横須賀 ~自閉症の世界を知ろうよ~

【日時】: 4月10日(土) 13:00~16:30
【会場】:横須賀市立総合高等学校 SEAホール
【主催】:国立特別支援教育総合研究所
     筑波大学附属久里浜特別支援学校
【後援】:横須賀市、横須賀市教育委員会、
     横須賀地区自閉症児・者親の会「たんぽぽの会」
【主なプログラム】
 総合司会  国立特別支援教育総合研究所 梅田 真理
・主催者、来賓あいさつ
・挨拶・世界自閉症啓発デー説明等
 国立特別支援教育総合研究所 渥美 義賢
・特別ドラマ「マラソン」上映
・特別ドラマ「マラソン」を通じて自閉症の特性を理解する
 国立特別支援教育総合研究所 廣瀬 由美子
・教育現場から
 筑波大学附属久里浜特別支援学校教諭 浜津 平一
・自閉症当事者から学ぶ
 聞き手 国立特別支援教育総合研究所 笹森 洋樹
【申込方法】
 氏名、電話番号、FAX番号を明記の上、FAXにてお申し込みいただくか、Web サイトからお申し込みください。
 ○申込FAX番号はこちら→ 046-839-6938
 ○申込Webサイトはこちら→
 http://www.nise.go.jp/waad/event.html
【その他】
・参加費は無料です。
・定員は280名です。定員になり次第締め切らせていただきます。
・会場に駐車場は用意しておりませんので、公共の交通機関をご利用ください。

◆世界自閉症啓発デー特設サイトのご案内

 国立特別支援教育総合研究所では、今年で2回目となる世界自閉症啓発デー をむかえるにあたり、研究所Webサイト内に世界自閉症啓発デーに関する特 設サイトを開設しましたので、是非御覧ください。
 主な内容としては、
(1)「世界自閉症啓発デー2010 in 横須賀」について
(2)昨年12月に行われた当研究所主催「アジア・太平洋特別支援教育国際セ ミナー」の参加各国より寄せられた「世界自閉症啓発デー」へのメッセージ
(3)自閉症の理解・支援について
(4)3月13日に当研究所主催で行った「脳科学セミナー:自閉症にかかわる 脳科学と理解・支援」の様子についての紹介

 ○世界自閉症啓発デー特設サイトはこちら→
  http://www.nise.go.jp/waad/

 (臨時増刊号編集主幹 原田 公人)

国立特別支援教育総合研究所メールマガジン臨時増刊号(平成22年 3月号)
 発行元 独立行政法人国立特別支援教育総合研究所内
 国立特別支援教育総合研究所メールマガジン編集部
 E-mail a-koho@nise.go.jp
(@を半角にして送信してください。)