研究ページ

交流及び共同学習の充実に関する研究

地域実践研究

研究紹介

  • Facebook
  • Twitter
研究代表者
牧野泰美
研究分担者
坂井直樹(研究副代表)・齊藤由美子・小澤至賢・涌井恵・【長期派遣型】紅林亜朋(吉田特別支援学校)・【短期派遣型】三浦千夏(横須賀市教育委員会)
研究班
交流及び共同学習チーム
期間
令和2年度

概要

概要:交流及び共同学習は、インクルーシブ教育システム構築に向けた基礎的環境整備に位置付けられるなど重要な教育活動です。本研究では、
2県市と協働しながら、地域のこれまでの取組を整理し、小学校・中学校・高等学校・特別支援学校の連携を進めることで、交流及び共同学習の
充実を目指します。