研究者ページ

青木高光

研究者紹介

  • Facebook
  • Twitter
氏名(ふりがな)
青木高光 (あおき たかみつ)
所属・職名
研修事業部主任研究員(研修企画担当)

研究課題

  1. インクルーシブ教育システムの理解啓発に関する研究(令和2年度)(地域実践研究)
  2. 学校における合理的配慮及び基礎的環境整備に関する研究(令和元年度)(地域実践研究)
  3. 特別支援教育における教材・教具の活用に関する実態調査(令和元年度~令和2年度)(教材教具班)
  4. 多様な障害種に対応した3Dプリンター教材データベースの構築と活用方法の研究(令和2年度 ~令和4年度)(科学研究費補助金)
  5. 魔法のプロジェクトを通じた特別支援教育のICT活用研究(令和2年度)(ソフトバンク受託研究)

主要著書・論文

著書

  1. 「視覚シンボルで楽々コミュニケーション2」 エンパワメント研究所、単著、2017
  2. 「視覚シンボルで楽々コミュニケーション」 筒井書房、単著、2010
  3. 「コミュニケーションを豊かにするためのICT活用」 日本肢体不自由協会、分担執筆、2020
  4. 「教師と学校が変わる学校コンサルテーション」 金子書房、分担執筆、2018
  5. 「特別支援教育ですぐに役立つICT活用法」 学研、分担執筆、2018
  6. 「黙って観るコミュニケーション」 atacLab、分担執筆、2016
  7. 「肢体不自由児のためのタブレットPCの活用」 日本肢体不自由児協会、分担執筆、2015
  8. 「マジカルトイボックスの教材&アイディア100連発」 筒井書房、分担執筆、2013
  9. 「特別支援教育におけるアシスティブ・テクノロジー活用ケースブック」 ジアース教育新社、分担執筆、2012
  10. 「特別支援教育におけるATを活用したコミュニケーション支援」 ジアース教育新社、分担執筆、2011

論文

  1. 特別支援学校におけるSWPBISの取り組み. 発達障害研究, 共著, 2019
  2. 肢体不自由教育におけるICT活用の意義と展望—タブレットPCによるコミュニケーション支援3年間の実践からー. 発達障害研究, 単著, 2015
  3. Visualizing Motion History for Investigating the Voluntary Movement and Cognition of People with Severe and Multiple Disabilities. International Conference on Computers Helping People with Special Needs, 共著, 2014
  4. 特別支援学校でのIT活用. 臨床発達心理実践研究, 単著, 2014
  5. コミュニケーションシンボルライブラリ「ドロップス」と高機能VOCA「ドロップトーク」の開発と活用. コミュニケーション障害学研究, 単著,  2011
  6. Mobile accessibility of a Web-based communication aid for graphic symbol users. CSUNS 20th Annual Conference Paper, 共著, 2005
  7. パソコン(Macintosh)を用いた図形シンボル用会話エイドの開発. 聴能言語学研究, 共著, 1996
  8. ブック型パソコンを用いた言語障害者用会話エイドの開発(その2) . 電子情報通信学会技術研究報告, 共著, 1994

 

担当講義名

  1.  知的障害や自閉症のある子供の教材の工夫(令和元年度第一期特別支援教育専門研修 知的障害コース)
  2. 特別支援教育におけるAT、ICTの活用(令和元年度第二期特別支援教育専門研修 視覚障害・聴覚障害・肢体不自由・病弱教育コース共通講義)(令和元年度第三期特別支援教育専門研修 発達障害・情緒障害・言語障害教育コース共通講義)
  3. 「肢体不自由教育における教材・支援機器の活用-タブレットPC等の活用-」(令和元年度第二期特別支援教育専門研修 肢体不自由教育専修プログラム講義)
  4. 「病弱教育における情報機器活用の実際」(令和元年度第二期特別支援教育専門研修 病弱教育専修プログラム講義)

公的委員等

 

所属学会

  • 日本特殊教育学会
  • 日本行動分析学会

関連する研究領域

知的障害教育

各障害種に共通する課題(教材・教具)