このページの先頭です:本文へスキップ

障害のある子どもの教育について学ぶ

現在の位置:トップページ >障害のある子どもの教育について学ぶ >情緒障害教育 >通級指導教室の役割 
ここから本文
通級指導教室の役割 笹森洋樹

PDFファイル

  1. 通級による指導とは
    1. 通級による指導とは
    2.  小・中学校の通常の学級に在籍している,言語障害,情緒障害,弱視,難聴などの障害がある児童生徒のうち,比較的軽度の障害がある児童生徒に対して,各教科等の指導は主として通常の学級で行いつつ,個々の障害の状態に応じた特別の指導(「自立活動」及び「各教科の補充指導」)を特別の指導の場(通級指導教室)で行う教育形態です。

       平成5年4月に制度化されました。制度化以降、通級による指導の対象者は年々増加しており、初年度には約1万2千人だったものが、平成18年度には4万人を超えています。

    3. 対象となる児童生徒
    4.  平成18年4月1日より施行された「学校教育施行規則の一部を改正する省令」により、これまで情緒障害者としてまとめられていた発達障害である自閉症者と心因性の情緒障害者が分類され、また、学習障害者、注意欠陥多動性障害者が新たに通級の対象として加えられました。これにより通級による指導の対象は、言語障害、自閉症、情緒障害、弱視、難聴、学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)、肢体不自由、病弱・身体虚弱の児童生徒となりました。小・中学校の通常の学級に在籍する児童生徒のうち、これらの障害の状態の改善又は克服を目的とする特別の指導が必要とされる児童生徒が対象になりますので、特別支援学級や特別支援学校に在籍する児童生徒は通級による指導の対象とはなりません。

    5. 教育課程上の取扱い
    6.  通級による指導を行う場合は,特別な教育課程を編成することができます。障害の状態の改善または克服を目的とする「自立活動」が中心となります。特に必要があるときは各教科の内容を補充するための指導も行うことができますが、ここでいう各教科の補充指導とは、障害の状態に応じた特別の補充指導であり、単に教科の遅れを補充するための指導ではありません。通級による指導では、自立活動の指導を行うことを原則とし、特に必要があるときは、障害の状態に応じた各教科の補充指導を行うことになります。指導時間については,自立活動と各教科の補充指導を合わせて年間35単位時間(週1単位時間)からおおむね年間280単位時間(週8単位時間)以内が標準とされています。なお、学習障害者及び注意欠陥多動性障害者の場合は、月1単位時間程度でも指導上の効果が期待できる場合があるとされています。

  2. 通級指導教室の役割
  3. 通級による指導の目的は,個々の障害の克服・改善と環境への適応です。情緒の安定を図りながら長い目で見て,社会適応力を育てていきます。

    通級指導教室は,通級する児童生徒の日常生活の場である家庭,学校での適応を図るために特別の指導を行う場です。通級指導教室での専門的な指導が,日常生活の場で生かされるためには,子どもへの指導とともに保護者への支援,在籍学級の担任との連携がたいへん重要になります。

    1. 子どもの指導
    2. 通級する児童生徒は,情緒の発達にアンバランスがあり,対人関係や社会性,行動面等に問題を抱えているため,学級集団の中で適応困難の状態にある子どもたちです。個々の障害の克服・改善と毎日生活している環境への適応を目標として,一人一人の能力や状態に応じて個別の指導計画を立て指導を行います。自立活動の内容を中心に,必要に応じて各教科の補充指導を小集団または個別の形態で行います。小集団指導では,人との関わり方やコミュニケーションの取り方,集団のルール理解,場面や状況に合わせた行動のコントロール等,社会的な能力に関する指導を行います。また,個別指導では,認知能力や学習に関わるスキルの習得が中心になります。以下のような内容が例としてあげられます。

      • 対人関係の育成や社会的スキルの向上
      • 情緒の安定を図るための心理的不適応の改善
      • 相互性のあるコミュニケーション能力の向上
      • 認知能力の偏りや弱さの改善,概念の習得
      • 運動機能の協応性や巧緻性の困難の改善
      • 生活のリズムや基本的な生活習慣の形成
    3. 保護者への支援
    4. 情緒面の発達のアンバランスが大きいにもかかわらず,知的な発達の障害は比較的軽度であるため,子どもの抱える課題の捉えは難しく,保護者の問題意識が薄い場合も多くみられます。一面的な良い面に注目して,いずれは全体的にも良くなると楽観視していたり,どうして他の子どもたちと同じことができないのかと注意や叱責が繰り返されたりします。保護者が子どもに何らかの発達上の疑問を感じても,なかなか気軽に相談や指導を受けるきっかけがつかめないという現実もあります。正しい問題意識と適切な対応からよりよい親子関係がつくられ,子どもは安定していきます。特に行動面に課題を抱えている場合は,しつけや養育の問題と指摘され,保護者自身も孤立する状況になりがちです。保護者への支援は,まず良い聞き手となり,信頼関係をつくることから始まります。

      • 保護者も孤立している場合がある。問題を共有し精神的な支えとなる。
      • 子どもの正しい理解を図る。考えを頭から否定しない。決して保護者だけを責めない。
      • 子どもの問題だけに注目しない。親も家族も問題を抱えているという視点をもつ。
      • 保護者の不安定は子どもの不安定に直結する。信頼関係を大事にして保護者の性 格や考え方にも合わせて対応する。
      • 保護者が学級担任とよい関係が築けるように支援する。

      ある通級指導教室の保護者アンケートでは,「一息つける場所ができた」「初めて心が開ける場である」「気持ちが楽になった」「悩みが話せて救われた」等,通級することは保護者自身にとっても良かったという回答が多く寄せられました。地域で孤立しがちな保護者にとって,相談できる場所,同じ立場にある他の保護者と出会える場所があるということは,保護者自身の情緒的な安定としての役割が大きいということです。

    5. 在籍校・学級担任との連携
    6. 通常の学級の担任にとって,配慮の必要な児童生徒に対して個に応じた指導を行うことは,頭ではわかっていても具体的にどう取り組めばよいのか見通しが持ちにくいのが現実です。思うような改善が見られないことに自分の指導力不足を一人で悩み,校内で孤立している場合も少なくありません。担任の対応は,他の児童のモデルにもなります。通級する児童生徒にとっての安心できるまわりの関わりや安定して過ごせる学習環境の工夫について,通級指導教室の担当教員が在籍学級を訪問したり,在籍学級の担任者会議を開いたりして,お互いの連携を密に図っていきます。

      • 集団の中での配慮の難しさ,大変さに共感し,担任とも人間関係をつくる。
      • 通級による指導が在籍学級でどう生かされるか。目的を明確化し共通理解を図る。
      • 生活の場は在籍学級であり,担任の指導が子どもを育てるということを強調する。
      • できるだけ具体的な目標設定をし,通級と学校が同じ対応をすることに心がける。
      • 子どもの発達段階に合わせて長い目で成長を見守る姿勢が重要となる。
    7. 地域のセンター校として
    8. 地域のセンター校として,専門的な知識や情報,指導方法等について,近隣の小・中学校の支援体制の構築へサポートします。支援の内容については,以下のようなことが考えられます。

      • 子どもの特性についての専門的な見方・捉え方
      • 通常の学級における個に応じた指導の工夫や配慮事項
      • 軽度の障害のある児童生徒の理解研修
      • 授業参観等を通しての担任への指導・助言
      • 保護者の教育相談

      小・中学校において通常の学級に在籍するLD,ADHD,高機能自閉症等の児童生徒に対する適切な指導および必要な支援が喫緊の課題になっています。「特別支援教室(仮称)」の構想として,特別支援学級や通級指導教室の柔軟かつ弾力的な対応について見直していく等,文部科学省でも具体的な検討の必要性をあげています。地域の専門的なサポート機関として通級指導教室の役割はますます重要になり,通級による指導を担当する教員には,期待される役割に対応できるようなより高い専門性が求められてきます。

      参考文献
      • 文部科学省「改訂版通級による指導の手引き」2006 第一法規
本文おわりです

ページの先頭に戻る

メインナビゲーションへ戻る
このページはここで終わりです