NISE 本文へ 独立行政法人 国立特殊教育総合研究所
English お問い合わせ一覧
このウェブサイトについて 交通案内
TOP(What's NEW)
研究所の概要
各種お知らせ
Q&A
研究者・研究内容
研修・セミナー
教育相談の案内
国際交流
刊行物一覧
図書室利用案内・データベース
教育コンテンツ
研究所の運営について
関連リンク
情報公開
本文 第5回日韓特殊教育セミナ−開催のお知らせ(平成17年1月27日(木))
 当研究所では下記により日韓特殊教育セミナ−を開催致します。
参加ご希望の方は、下記要領でお申し込みください。

1.セミナーの主旨

本セミナーは、独立行政法人国立特殊教育総合研究所と韓国国立特殊教育院との協力協定に基づき、定期的に開催するものである。本セミナーの成果は両国で共有し、両国の特殊教育の発展に寄与するものである。

2.セミナーのテーマ

「日韓の特殊教育情報化の現状と今後の方向」

サブテーマ1:日韓の特殊教育情報化政策の方向性
サブテーマ2:特殊教育情報化におけるNISE/KISEの役割と機能
サブテーマ3:特殊教育現場における情報手段活用(Assistive Technology)

3.日時

2005年1月27日(木)10:00〜16:45

4.セミナープログラム

10:00  開会挨拶    理事長
10:10  韓国側挨拶   KISE参加者
10:20  日韓それぞれの発表と質疑応答

テーマ1:日韓の特殊教育情報化政策の方向性  
(主に教育制度等政策的な内容についての討議)     
日本側発表者:中村 均 教育研修情報部 総合研究官
韓国側発表者:金 容郁 (キム・ヨンウック)国立特殊教育院長

12:00  昼食
13:00  日韓それぞれの発表と質疑応答

テーマ2:特殊教育情報化におけるNISE/KISEの役割と機能
(主にNISE/KISEの役割について討議)
日本側発表者:渡邉 章 教育研修情報部 総括主任研究官
韓国側発表者:金 鐘武(キム・ジョンム) 国立特殊教育院情報技術部門長/教育研究士
     
テーマ3:特殊教育現場における情報手段活用(Assistive Technology)
(学校教育での活用について討議)
日本側発表者:大杉成喜 教育研修情報部 主任研究官            
韓国側発表者:金 基榮(キム・キヨン) 慶南惠林學校教諭

16:45  終了予定

6.日本側からの参加者

   国立特殊教育総合研究所職員
   筑波大学附属久里浜養護学校職員
   一般参加者(大学・特殊教育教員等)

9.使用言語

日本語・韓国語及び英語(セミナ−中は日韓逐次通訳あり)

10.お問い合わせ・お申込

〒239-0841 神奈川県横須賀市野比5-1-1
独立行政法人 国立特殊教育総合研究所 総務課国際交流係まで
tel: 046-848-4121(代) / fax: 046-839-6919 / e-mail: a-kokusai@nise.go.jp
○申込方法: 上記faxまたはe-mail宛にお申し込みください。
○申込期限: 平成17年1月17日(月)を締切とさせて頂きます。

10.備考

・本セミナー開催について韓国大使館に通知を行い、両国研究所の研究協力について報告します。
・インターネットストリーミング放送を計画しています。





↑ページの先頭に戻る


Copyright(C)2004 独立行政法人 国立特殊教育総合研究所