研究者ページ

久保山茂樹

研究者紹介

研究紹介

  • Facebook
  • Twitter
氏名(ふりがな)
久保山茂樹 (くぼやま しげき)
所属・職名
インクルーシブ教育システム推進センター上席総括研究員(地域実践研究事業担当)

研究課題

  1. インクルーシブ教育システムの理解啓発に関する研究(平成30~31年度地域実践研究 研究代表)
  2. 共生社会の担い手を育む場としての幼稚園の役割(平成31~令和4年度科研費基盤研究(C)研究代表)
  3. 言語障害のある中学生への指導・支援の充実の関する研究(平成30~31年度基幹研究 研究副代表)
  4. インクルーシブ教育システム構築に向けた研修に関する研究(平成28年度~29年度地域実践研究 研究代表)
  5. 交流及び共同学習の推進に関する研究(平成28年度~29年度地域実践研究 研究代表)
  6. インクルーシブ教育システム構築のための体制づくりに関する研究-体制づくりのガイドライン(試案)の作成-(平成27年度 専門研究A・中期特定研究 研究副代表)
  7. 一貫した支援を実現するための幼稚園と小学校との連携内容・方法に関する実証的研究(平成25年度~28年度 科研費基盤研究(C)研究代表)
  8. 「ことばの教室」がインクルーシブ教育システム構築に果たす役割に関する実際的研究-言語障害教育の専門性の活用-(平成27~28年度 専門研究B 平成27年度研究副代表)
  9. インクルーシブ教育システム構築に向けた取組を支える体制づくりに関する実際的研究ーモデル事業等における学校や地域等の実践を通じて-(平成25~26年度 専門研究A・中期特定研究 研究副代表)
  10. ことばの遅れを主訴とする子どもに対する早期からの指導の充実に関する研究-子どもの実態の整理と指導法の効果の検討-(平成24年度~25年度 専門研究B 研究代表)
  11. インクルーシブ教育システムにおける教育の専門性と研修カリキュラムの開発に関する研究(平成23年度~24年度 重点推進研究・中期特定研究)
  12. 発達障害のある子どもへの学校教育における支援の在り方に関する実際的研究-幼児教育から後期中等教育への支援の連続性-(平成22年度~23年度 重点推進研究)
  13. 言語障害のある子どもの通常の学級における障害特性に応じた指導・支援の内容・方法の開発に関する研究-通常の学級と通級指導教室の連携を通して-(平成22年度~23年度 専門研究B)
  14. 障害のある子どもへの一貫した支援システムに関する研究-早期から社会参加に至る発達障害支援の確立と検証-(平成22年度 専門研究A)
  15. 言語障害教育における指導の内容・方法・評価に関する研究-言語障害教育ガイドブックの作成に向けて-(平成20年度~平成21年度 専門研究B 研究代表)
  16. 交流及び共同学習を推進する環境整備に関する実証的研究-障害理解授業を中心に-(平成18年度~平成20年度科学研究費補助金基盤研究(C) 研究代表)

主要著書・論文

  1. 『障害児保育: 障害のある子どもから考える教育・保育』,光生館,久保山茂樹・小田豊(編著),2018年
  2. 幼児期の知的発達の支援,『知的発達の理論と支援: ワーキングメモリと教育支援』(湯澤正通編著),金子書房,単著,2018年
  3. 障害のある子を支える保育者の専門性,『保育実践の中にある保育者の専門性へのアプローチ』(中坪史典編著),ミネルヴァ書房,単著,2018年
  4. 合理的配慮の提供と教員へのサポート,『30の事例で理解する校長・教頭の合理的配慮』(柘植雅義編著),教育開発研究所,単著,2018年
  5. 障害のある子どもたちの主体的な遊びをはぐくむために,『発達 150号』,ミネルヴァ書房,単著,2017年
  6. 実践事例集 特別な支援を要する幼児の一貫した支援を実現するために-幼稚園・保育所等と小学校との連携や保護者との協働を中心に-,科研費報告書,編著,2017年
  7. 『まるっと1年マンガでなるほど 気になる子の保育』,メイト,単著,2017年
  8. 幼児期におけるインクルーシブな教育・保育,『授業づくりネットワーク 25号』,学事出版,単著,2017年
  9. 新しい制度が始まる中で大切にしたいこと,『子どもSTに求められるもの』,子どもの発達支援を考えるSTの会,単著,2016年
  10. 保護者の歴史を尊重することを基本に,『LD ADHD&ASD2016年7月号』,明治図書,単著,2016年
  11. 交流及び共同学習の意義-共生社会・インクルーシブ教育システムの実現に向けて-,『特別支援教育研究2016年5月号』,東洋館出版社,単著,2016 
  12. 幼稚園教育の専門性で特別支援教育を再考するーすべてが「特別」ではない子どもとのかかわりー,『幼稚園教育大全第9巻』,全国国公立幼稚園・こども園長会,単著,2015年
  13. 連載 子どもと私のお困り解消プロジェクト,『ひろば』 2015年4月号~2016年3月号,メイト,2015・2016年
  14. 『気になる子どもの視点で保育を見直す!』,学事出版,単著,2015年
  15. 『子どものありのままの姿を保護者とどうわかりあうか』,学事出版,編著,2014年
  16. 「気になる子ども」に対して幼児教育が大切にしている関係作り,『授業づくりネットワーク 15号』,学事出版,単著,2014年
  17. 専門研究B「ことばの遅れを主訴とする子どもに対する早期からの指導の充実に関する研究-子どもの実態の整理と指導の効果の検討-」研究成果報告書,国立特別支援教育総合研究所,研究代表・編著,2014年
  18. 言語発達遅滞のある幼児への指導,全難言協機関誌「きこえとことば」第32号,全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会,単著,2014年
  19. 学びのしかけによる通常の学級における特別支援教育の深化,THE 教師力シリーズ THE 特別支援教育-通常の学級編-,明治図書,分担執筆,2014年
  20. 連載 気になる子への支援,『ピコロ』 2013年4月号~2014年3月号,学研教育みらい,2013年・2014年
  21. 幼稚園・保育所の特別支援教育コーディネーター養成研修-横須賀市発達支援コーディネーター研修3年間の成果-,『国立特別支援教育研究所ジャーナル第2号』,単著,2013年
  22. 一人ひとりかけがえのない子どもをともに見守り育む幼児ことばの教室,『ことば №267』,NPO法人全国ことばをはぐくむ会,単著,2013年
  23. 専門研究B「言語障害のある子どもの通常の学級における障害特性に応じた指導・支援の内容・方法に関する研究ー通常の学級と通級指導教室の連携を通してー」研究成果報告書,国立特別支援教育総合研究所,分担執筆,2012年
  24. 幼稚園における支援に関する研究,「専門研究B発達障害のある子どもへの学校教育における支援の在り方に関する実際的研究ー幼児教育から後期中等教育への支援の連続性ー研究成果報告書」,国立特別支援教育総合研究所,筆頭,2012年
  25. 支援の必要な幼児をみんなで見守り育む,『教育と医学2012年5月号』,慶応義塾大学出版会,単著,2012年
  26. 就学前の特別支援の充実~「特別な支援」の前に、保育者としての力量の活用を~,『教育時報2011年8月号』,岡山県教育委員会,単著,2011年
  27. 連載 発達障害のある子への保育,『プリプリ』 2010年4月号~2012年3月号,世界文化社,監修,2010~2012年
  28. 子どもを真ん中にしてみんなで子育て!,両親指導の手引き書37号『ことば・きこえの教室卒業生を訪ねて』,NPO法人全国ことばを育む会,単著,2011年
  29. 専門研究B「言語障害教育における指導の内容・方法・評価に関する研究-言語障害教育ガイドブックの作成に向けて-」研究成果報告書,編著,2010年
  30. 幼稚園・保育所における配慮・支援の工夫,重点推進研究「小中学校等における発達障害のある子どもへの教科教育等の支援に関する研究」研究成果報告書,筆頭,2010年
  31. 特別な支援が必要な子どもの就学に向けて-つながりを大切にする園づくりの一環として,『幼稚園教育大全第8巻』,全国国公立幼稚園長会,単著,2010年
  32. WEBサイト『親子で学べる発音教室』 ,2010年
  33. 「気になる子ども」「気になる保護者」についての保育者の意識と対応に関する調査-幼稚園・保育所への機関支援でふまえるべき視点の提言-.国立特別支援教育総合研究所 研究紀要第36巻,2009年,筆頭
  34. 友だちをわかろうとすること、自分を知ろうとすること-交流及び共同学習や障害理解授業で子どもたちが学ぶもの-.平成18~20年度科学研究費補助金基盤研究(C)成果報告書,2009年,編著
  35. WEBサイト『ネットで学ぶ発音教室』, 2009年

担当講義名

  1. 言語発達の遅れの指導-言語・コミュニケーションの指導を中心に-(平成18~30年度 専門研修言語障害教育専修プログラム)
  2. 言語発達の遅れの指導の基礎(平成18~30年度 専門研修言語障害教育専修プログラム)
  3. 言語障害教育の現状と課題(平成22~30年度 専門研修言語障害教育専修プログラム)
  4. 言語障害教育論(平成22~28年度 専門研修各プログラム)
  5. インクルーシブ教育システム構築に向けた交流及び共同学習(平成29年度 専門研修視覚聴覚肢体不自由病弱コース)
  6. 幼児期における発達障害のある子どもの特性に応じた支援(平成23~27年度 専門研修発達障害教育専修プログラム)
  7. 言語障害教育における保護者支援(平成18~平成19年度 短期研修言語障害教育コース)

公的委員等

  1. 日本保育学会『保育学研究』専門委員(平成31年度~ )
  2. 横須賀市児童福祉審議会委員(平成31年度~ )
  3. 横須賀市支援教育推進委員会委員(平成31年度~ )
  4. 日本聴覚言語障害学会 『聴覚言語障害』編集委員(平成30年度~ )
  5. 国立教育政策研究所 幼児教育研究センター プロジェクト研究委員(平成29年度~ )
  6. 臨床発達心理士認定運営機構 資格認定委員会委員(平成26年度~平成28年度)
  7. 日本臨床発達心理士会神奈川支部役員(平成25年度~)・神奈川支部長、幹事(平成27年度~ )
  8. 横須賀市発達支援コーディネーター スーパーバイザー(平成21年度~ )
  9. 葉山町発達支援システム会議 会長(平成23年度~平成26年度)
  10. 岡山県通級指導教室研究協議会 委員・指導助言者(平成21年度~平成22年度)
  11. 横須賀市相談支援チーム連絡会議 研究協力者(平成17年度~平成23年度)
  12. 大田区教育委員会就学支援委員会 委員(平成16年度~平成21年度)
  13. 全国公立学校難聴・言語障害教育研究協議会 研究協力者(平成5年度~平成17年度) 

所属学会

  1. 日本特殊教育学会
  2. 日本発達心理学会
  3. 日本保育学会
  4. 日本コミュニケーション障害学会
  5. 日本小児保健学会
  6. 日本赤ちゃん学会
  7. 日本音声言語医学会 

関連する研究領域

言語障害教育