研究者ページ

西村崇宏

研究者紹介

研究紹介

  • Facebook
  • Twitter
氏名(ふりがな)
西村崇宏 (にしむら たかひろ)
所属・職名
発達障害教育推進センター研究員(情報普及担当)

研究課題

  1. 我が国におけるインクルーシブ教育システムの構築に関する総合的研究(平成28~令和2年度 基幹研究(横断的研究))
  2. 全国小・中学校弱視特別支援学級及び弱視通級指導教室実態調査(平成29年度 研究班活動による調査)
  3. 視覚障害を伴う重複障害の児童生徒等の指導に関する研究-特別支援学校(視覚障害)における指導を中心に-(平成29~30年度 基幹研究(障害種別研究))
  4. 交流及び共同学習の推進に関する研究(平成28~29年度 地域実践研究)
  5. 障害のある児童生徒のためのICT活用に関する総合的な研究-学習上の支援機器等教材の活用事例の収集と整理-(平成26~27年度 専門研究A(中期特定研究))
  6. 視覚障害のある児童生徒のための校内触知案内図の作成と評価(平成25~27年度 共同研究)

主要著書・論文

  1. 触知初心者におけるアルファベットの浮き出し文字のサイズが識別容易性に及ぼす影響の評価と加齢効果の検証,日本機械学会論文集,Vol. 83, No. 850, p. 16-00470, 2017
  2. 点字触読初心者における紙点字の縦横点間隔と触読性の関係,国立特別支援教育総合研究所研究紀要,Vol. 44, pp. 1-11, 2017
  3. Experimental Study on Shapes of Tactile Signs for Distinguishable Identification on Body Soap Containers, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 21, No. 1, pp. 100-108, 2017
  4. サイズ可変点字印刷システムを用いたマス間隔比が紙点字の触読性に及ぼす影響の評価,国立特別支援教育総合研究所研究紀要,Vol. 43, pp. 1-11, 2016
  5. 紫外線硬化樹脂点字の新規作成装置を用いた触読し易い点字縦横間隔の評価,日本機械学会論文集,Vol. 81, No. 831, p. 15-00381, 2015
  6. 触知初心者を対象とした蜜蝋吐出型筆記具における筆記し易いペン先端曲率半径と蜜蝋の盛り上がり特性の実験的検討,日本感性工学会論文誌,Vol. 13, No. 3, pp. 471-477, 2014
  7. アラミド繊維強化プラスチック製の軽量白杖の作製と身体負担軽減効果の実験的検証,日本感性工学会論文誌,Vol. 13, No. 2, pp. 333-339, 2014
  8. 紫外線硬化樹脂点字のマス間隔比が触読性に及ぼす影響,国立特別支援教育総合研究所研究紀要,Vol. 41, pp. 27-36, 2014
  9. タッチパネルタブレット端末におけるディスプレイの表面特性が操作性に及ぼす影響,日本感性工学会論文誌,Vol. 12, No. 3, pp. 431-439, 2013

担当講義名

  1. 特別支援教育におけるAT、ICTの活用(各専修プログラム共通)
  2. 点字学習とコンピュータ(視覚障害教育専修プログラム)
  3. 視覚障害と支援機器(視覚障害教育専修プログラム)
  4. 視覚障害関連教材の作成と活用(視覚障害教育専修プログラム)

所属学会

  1. 日本機械学会
  2. 日本感性工学会
  3. 日本特殊教育学会

関連する研究領域

視覚障害教育