ページの先頭です

ホーム独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

本文へ

文字の大きさ

表示色の変更

アクセシビリティツール
ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

B-310 知的障害教育における「育成すべき資質・能力」を踏まえた教育課程編成の在り方-アクティブ・ラーニングを活用した各教科の目標・内容・方法・学習評価の一体化-  

平成27年度~28年度 基幹研究
B-310 知的障害教育における「育成すべき資質・能力」を踏まえた教育課程編成の在り方-アクティブ・ラーニングを活用した各教科の目標・内容・方法・学習評価の一体化-
研究代表者:明官 茂

全体を表示 [8578KB pdfファイル]    

表紙 はじめに 目次 [2652KB pdfファイル]   

- 目 次 -

1.研究の背景と目的 [1661KB pdfファイル] 

 

2.研究1 知的障害教育における「育成を目指す資質・能力」についての具体的検討 [1799KB pdfファイル] 

 

3.研究2 研究協力校の実践に基づく知的障害教育分野でのアクティブ・ラーニングの検討 [3080KB pdfファイル] 

 

4.研究3 知的障害教育における教育目標と内容・指導方法、学習評価が一体的につながりを持つための工夫の検討 [2945KB pdfファイル] 

 

5.総合考察 [864KB pdfファイル] 

 

6.寄稿 中央教育審議会答申を踏まえた育成を目指す資質・能力とカリキュラム・マネジメント~本研究の意義と研究成果の活用に向けて~ [842KB pdfファイル] 

 

7.研究体制 [811KB pdfファイル] 

 
奥付 [2620KB pdfファイル] 

 

このページの上へ

 

アドビリーダーのダウンロード  

アドビホームページへPDFで作成しているファイルの閲覧にあたっては、adobe(アドビ)社が無償配布しているAdobe Reader(アドビリーダー)が必要です。お持ちでない場合は、次のアイコンボタンをクリックして、adobe(アドビ)社のホームページからダウンロードしてください。

 印刷 - B-310 知的障害教育における「育成すべき資質・能力」を踏まえた教育課程編成の在り方-アクティブ・ラーニングを活用した各教科の目標・内容・方法・学習評価の一体化-  戻る  ページの先頭
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる