通常ページ

諸外国の最新動向の把握と国際交流

諸外国の最新動向の把握や海外の機関との研究交流

インクルーシブ教育システム推進センター

  • Facebook
  • Twitter

諸外国の最新動向の把握と海外の機関との交流

諸外国の最新動向の把握


 本研究所では、国別調査班(アメリカ班、イギリス班、韓国班、オーストラリア班、フィンランド班、スウェーデン班、ドイツ班)を編成し、各国の教育施策や教育事情に造詣の深い特任研究員の協力を得て、諸外国の障害のある子どもをめぐる教育施策等に関する調査を行っています。調査結果は、小冊子「諸外国におけるインクルーシブ教育システムに関する動向」にまとめています。

R元年度小冊子

諸外国におけるインクルーシブ教育システムに関する動向-令和元年度国別調査から-(PDF)

諸外国におけるインクルーシブ教育システムに関する動向-平成30年度国別調査から-(PDF)

国別調査の詳細は、特総研ジャーナルにも掲載しています。

「国立特別支援教育総合研究所ジャーナル」

本研究所では、海外の動向について最新の情報を得るために所内学習会を開催しています。

特任研究員による所内学習会での講演

アネッテ・レオンハルト教授(ミュンヘン大学による講演)

NISE特別支援教育国際シンポジウムの開催


 海外における特別支援教育に関する動向等を把握し、その結果を発信すること、諸外国の教育機関や大学等から研究者等を招聘して、特別支援教育に関する施策や実際の取組について広く情報提供をしています。

第5回NISE特別支援教育国際シンポジウム(2020年)「子どもの学習のつまずきに速やかに対応する取組-フィンランドの教育実践から今後を展望する-」

第4回NISE特別支援教育国際シンポジウム(2019年)「障害のある子どもと障害のない子どもの交流をめざして-日韓の取組から今後のインクルーシブ教育システム推進を展望する」

第3回NISE特別支援教育国際シンポジウム(2018年)「インクルーシブ教育システムの推進-日英の取組の現状から、今後を展望する」

第2回NISE特別支援教育国際シンポジウム(2017年)「発達障害教育について学ぶ-アメリカ、イギリスの教育実践から学ぶ-」

第1回NISE特別支援教育国際シンポジウム(2016年)「各国のインクルーシブ教育システムの構築の取組の現状と課題」

海外の機関との交流

本研究所では、以下の機関と交流協定を締結しています。

韓国国立特殊教育院(2019年再締結)

2019年7月10日に、本研究所において交流協定を再締結しました。

締結の様子1

交流協定(再締結)署名式

 韓国国立特殊教育院が開催する国際セミナーへの出席、同教育院が行っている研究への協力を行っています。

国際会議の様子1

国際会議の様子2

韓国国立特殊教育院主催 第26回国際セミナーへの出席

韓国国立特殊教育院主催で、日韓プレセミナー(オンライン)を開催しました。

本セミナー(令和2年10月28日)では、withコロナ時代における両国の障害のある子供に対する支援事例を通して、感染症発症時・拡大時の対策、休校時の障害のある子供の居場所の確保や学習支援サイトの運営状況、ICTを活用した遠隔授業の実施等の取組を共有しました。

日韓プレセミナー(オンライン)

○韓国でのwithコロナ時代における障害のある子供に対する取組

韓国では、教育部(日本の文部科学省に該当)が主幹し、KNISEが推進役となって17市・道の教育庁と協力して障害のある子供のための遠隔学習コンテンツを作成しています。具体的には、17市・道の特殊教育担当教員が分担して、初等学校、中学校、高等学校の全教科・科目について学年別、障害種別(視覚障害、聴覚障害、肢体不自由、発達障害)の学習コンテンツと学習指導案を作成しました。これらは、KNISEが開設している「障害学生オンライン学習ルーム」にアップロードされています。また、KNISEでは、個々に応じたきめ細かな対応を行うために、85億ウォン(約8億円)を投入してオーダーメイドのプラットフォームを構築し、2021年の完成をめざして障害のある子供のための専用クラウドと遠隔学習コンテンツの開発を進めています。

一方、両国で共通の課題となっているのは、知的障害や発達障害のある子供の遠隔授業の難しさです。韓国では、遠隔授業に加えて1対1(又は2)の指導、家庭訪問、学習教材セットの配付を併行しています。韓国では、障害のある子供の学びの保障のために、国と自治体が連携・協力して迅速的かつ精力的に取組を進めています。

研究所からの発表内容(「コロナ時代における日本の障害のある子供への支援事例」

韓国国立特殊教育院が刊行している季刊誌「現場特殊教育」への寄稿を行っています。

本誌には、海外の特別支援教育の現状や取組事例を紹介するコーナー「ワールドレポート」があります。日本をはじめドイツやアメリカの取組が紹介されています。

○第27巻2号(2020年6月)「ワールドレポート」「新型コロナウイルス感染症による特別支援教育の環境の変化」
以下を寄稿しました(53~55頁に日本の取組が掲載されています)。
「日本における新型コロナウイルス感染症対策のための学校現場の取組」(日本語版PDF)

http://www.nise.go.kr/ebook/site/20200715_102130/

ワールドレポート第27巻2号

○第27巻1号(2020年4月)「ワールドレポート」「特別支援学校の教室環境」(51~53頁に日本の取組が掲載されています)
http://www.nise.go.kr/ebook/site/20200417_105125/

○第26巻4号(2019年12月)「ワールドレポート」「障害のある大学生への支援」(57~58頁に日本の取組が掲載されています)

「大学等における障害のある学生の現状」(日本語版PDF)

http://www.nise.go.kr/ebook/site/20191215_165926/

○第26巻3号(2019年9月)「ワールドレポート」「関係機関との連携」(53~55頁に日本の取組が掲載されています)
「医療的ケア児への学習保障を実現するための異職種との連携-日常的に人工呼吸器を装着する児童への取組を例に-」

http://www.nise.go.kr/ebook/site/20191205_125511/

○第26巻2号(2019年6月)「ワールドレポート」「障害のある子どもを対象とした安全教育」(49~51頁に日本の取組が掲載されています)

「日本における障害のある子どもを対象とした防災訓練の実際-特別支援学校の事例を中心に-」(日本語版PDF)] 

 

http://www.nise.go.kr/ebook/site/src/viewer/main.php?host=main&site=20190709_144603&category=0&page=0&pagenum=0&search=&popup=1&ref=www.nise.go.kr/ebook/site/managetool/index.php%3Fdummy%3D1562651200%26searchclass%3D%26searchclass2%3D%26searchclass3

ワールドレポート 第26巻2号

フランス国立特別支援教育高等研究所(2015年締結)

ランス国立特別支援教育高等研究所 (INS-HEA)との研究協力協定署名式

フランス国立特別支援教育高等研究所(INS-HEA)との研究協力協定署名式

2019年に、ジャック・ミクロビッチ所長が来所されました。

ジャック・ミクロビッチ所長来所

ジャック・ミクロビッチ所長来所

ケルン大学人間科学部(1998年締結)

海外への研究職員の派遣


 本研究所の研究に係る情報収集や国際会議への参加のため、研究職員を海外に派遣しています。令和元年度は、13人を派遣しました。

海外からの研修の受入

 当研究所では、海外の教育行政担当者や学校教員等の視察・研修を受け入れています。令和元年度は、22カ国124名が来所されました。

研修の様子1

研修の様子2

独立行政法人国際協力機構(JICA)の研修

施設見学申込書(英文版)は、以下のリンク先からダウンロードできます。
(The facility tour application form can be downloaded from the link below.)
 施設見学申込書(英文版)(Facility Tour Application Form)]

    インクルーシブ教育システム推進センター

    〒239-8585 神奈川県横須賀市野比5-1-1 独立行政法人 国立特別支援教育総合研究所

    インクルーシブ教育システム推進センター(国際担当) または

    総務部総務企画課総務・広報係 まで お願いいたします