研究ページ

小・中学校における肢体不自由のある児童生徒への指導及び支援のための地域資源を活用した授業改善に関する研究

基幹研究(障害種別研究)

研究紹介

  • Facebook
  • Twitter
研究代表者
吉川知夫
研究分担者
北川貴章・生駒良雄・杉浦徹
研究班
肢体不自由教育班

【研究概要】

肢体不自由のある子供の多様な学びの場での指導は、保健、医療、福祉、労働等関連分野との連携も視野に入れた、就学前から卒業後までの一貫した支援がより重要となる。肢体不自由のある子供の学びの充実に向けては、多くの小・中学校で実施されている交流及び共同学習を含めた校内での体制のほか、多くの子供が就学前から利用している療育機関や、特別支援学校のセンター的機能等の地域資源を活用した助言や支援を参考にしながら授業改善を進めることが重要である。

このため、本研究では、個別の教育支援計画や個別の指導計画の活用の在り方を含め、質問紙調査や実践事例を通して検討し、教育委員会や各学校における肢体不自由のある児童生徒への指導・支援のための地域資源を活用した授業改善の在り方について提言を行い、今後の教育現場における取組の充実に寄与する。