研究ページ

言語障害のある中学生への指導・支援の充実に関する研究

基幹研究(障害種別研究)

研究紹介

  • Facebook
  • Twitter
研究代表者
滑川典宏
研究分担者
久保山茂樹(副代表)・牧野泰美
研究班
言語班
期間
平成30~31年度

概要

言語障害教育は、平成5年の通級による指導の制度化以降25年が経過し、小学校の指導体制は充実してきた。しかし、中・高等学校段階での指導体制や指導内容、指導方法には課題がある。そこで、予備的研究で収集した言語障害のある中学生に対する指導内容・方法の情報を基幹研究につなげることとする。基幹研究では、中・高等学校段階の指導内容や指導方法を検討するとともに、中学校に設置されていることばの教室が、地域のインクルーシブ教育システムにおいて果たしている役割を明らかにする。研究の成果は、中学・高等学校段階における言語障害教育の充実に向けた今後の施策推進の参考に供する。

 ※「言語障害のある中学生が必要とする指導・支援、体制の在り方」についての調査 を実施しました。現在集計中です。
  ご協力いただきましたみなさまに感謝申し上げます。