通常ページ

平成29年度NISE特別支援教育国際シンポジウム

特別支援教育国際シンポジウム

  • Facebook
  • Twitter

このページは開催済のイベントに関するものとなります。ご参加誠に感謝申し上げます。

NISE特別支援教育国際シンポジウム 開催案内

国際シンポジウム第2次案内 [421KB pdfファイル]

日時・会場

2018年1月20日(土) 13:00〜17:30
一橋大学一橋講堂(学術総合センター内)
一橋講堂への案内図
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 

最寄り駅

【東京メトロ半蔵門線、都営三田線、都営新宿線】
神保町駅 徒歩4分

【東京メトロ東西線】
竹橋駅 徒歩4分

内容

テーマ

インクルーシブ教育システムの推進 ー 日英の取組の現状から、今後を展望する ー

第1部:海外派遣報告 -イギリスにおける実地調査報告-

 当研究所の研究員から、イギリス(イングランド)の通常の学校や特別学校での自閉症や知的障害のある子どもへの指導・支援の実際について報告します。

【第1部・登壇者】
 海外報告①: 涌井  恵   (国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)
 海外報告②: 柳澤  亜希子 (国立特別支援教育総合研究所 主任研究員)

第2部:国際シンポジウム

 シンポジストより基調講演をいただいた後に、当研究所の研究員による国内のインクルーシブ教育システムの評価指標に関する調査研究について報告します。これらを基に、我が国のインクルーシブ教育の推進のために学校が果たす役割や、指導者が持つべき視点、考え方について協議します。

【第2部・登壇者】
 基調講演: スーザン・ピアソン 博士 (イギリス・リーズ大学 客員教授)
 調査報告: 星   祐子   (国立特別支援教育総合研究所 上席総括研究員)
 指定討論: 川合  紀宗  氏  (広島大学 教授)  
 座  長: 原田  公人   (国立特別支援教育総合研究所 上席総括研究員)

<平成28年度国際シンポジウムの様子>

平成28年度国際シンポジウムの様子 平成28年度国際シンポジウムの様子

平成28年度国際シンポジウムの様子 平成28年度国際シンポジウムの様子 

定員

400名(先着順)

参加費

無料

備考

  • 同時通訳あり
  • 手話通訳や要約筆記などの必要がある場合には、申込時にその旨をお知らせ願います。

 申込方法

2017年11月1日(水)午前10時より、次の2通りの方法でお申し込みを受付いたします。
(申込期間:2017年11月1日〜2018年1月10日 / ただし、定員に達し次第、受付を終了します。)

①当研究所ホームページからの申し込み
 申込受付フォームより、必要事項をご入力の上、お申し込み下さい。

②FAXによる申し込み
 本ページ上部の国際シンポジウム第2次案内を印刷し、申し込み用紙に必要事項をご記入の上、送信してください。
 申込から2週間以内に、FAXにて参加票を送付いたします。



総務部総務企画課企画評価係