研究成果報告書の中から平成26年度終了課題分をピックアップして紹介します。研究の概要、報告書などを閲覧、ダウンロードできます。

インクルーシブ教育システム構築に向けた取組を支える体制づくりに関する実際的研究 -モデル事業等における学校や地域等の実践を通じて-
 

 27年3月 (B-294)  研究代表者:笹森 洋樹

 研究概要 | 研究成果報告書   | サマリー [2066KB pdfファイル] 


 

 

知的障害教育における組織的・体系的な学習評価の推進を促す方策に関する研究 -特別支援学校(知的障害)の実践事例を踏まえた検討を通じて-

 27年3月 (B-295)  研究代表者:尾崎 祐三

 研究概要 | 研究成果報告書 | サマリー [1704KB pdfファイル]


 

重度・重複障害のある子どもの実態把握、教育目標・内容の設定、及び評価等に資する情報パッケージの開発研究

 27年3月 (B-296)  研究代表者:齊藤 由美子

 

 研究概要 | 研究成果報告書   | サマリー [1581KB pdfファイル] 

 

 

 

情報パッケージ「ぱれっと(PALETTE)」(試案)

  27年3月 (B-297)  研究代表者:齊藤 由美子

   研究成果報告書  

 

 

 

3D造形装置による視覚障害教育用立体教材の評価に関する実際的研究

  27年3月 (G-17)   研究代表者:大内 進

  研究概要 | 研究成果報告書   | サマリー [930KB pdfファイル]

 

 

 

視覚障害教育用触察立体教材作成のための3Dプリンター活用ガイドブック 

  27年3月 (G-18)  研究代表者:大内 進

   研究成果報告書    

 

 

このページの上へ